山梨方面のお土産と言えば信玄餅。正しい食べ方を調べてみたら。

山梨方面のお土産と言えば信玄餅。正しい食べ方を調べてみたら。

家族が日帰りでスキーに行って、お土産に信玄餅を買ってきてくれました。
創業明治22年「桔梗信玄餅」

さっそく家族みんなが、それぞれ思い思いに食べるのですが、キレイに食べようと頑張っても、どうしてもきな粉はこぼれるし、やたら余らせちゃう人もいるし、むせてきな粉を吹き飛ばす人もいます。。

ふと、正しい食べ方があるのかも、と思い調べてみたところ、桔梗屋さんのサイトに載っていました!
いくつか食べ方があるのですが、「番外編」として紹介されていたのが、結構おどろきで笑えるので、ご紹介します(笑)

お召し上がり方 番外編

広げた風呂敷の上に餅ときな粉をのせ、黒蜜をかけ、風呂敷を包むように餅をもんできな粉と黒蜜をよく混ぜお召し上がりください。

この動画を見る

≪1.風呂敷を開く≫
風呂敷を開いて中蓋を取り、容器の中身を風呂敷の上にすべて出します。

≪2.黒蜜をかける≫
お餅の上に黒蜜をかけます。

≪3.四隅をもって混ぜる≫
風呂敷の四隅をまとめるようにして持ち上げ、手のひらでお餅をもみ込みます。
黒蜜ときな粉

いかがですか?
さっそく「番外編」を試してみました。
小さいスペースでもみもみするのがポイントかな、と思います。
広がってしまうと、やたら風呂敷にきな粉と蜜がついて微妙かもしれません。

他にも、お餅だけ風呂敷に出して、容器の中できな粉と黒蜜を混ぜ合わせて食べる、などの方法も紹介されていましたので、
お好きな食べ方を探してみてくださいね。

The following two tabs change content below.
須藤 有紀

須藤 有紀

須藤有紀(チームフロー認定コーチ)  夫と2人の娘(大4、大2)と4人家族。 新卒から26年間大手電機メーカーに勤務。会社や地域、学校など、様々なコミュニティで、様々な立場の人と関わる中で、「自己肯定感」が人生の幸福度に大きな影響を与えていることに気づく。自分の魅力に気づいて、自信をもって前に進む。エネルギーの源泉を見つけ、わくわくした人生へ踏み出す。そんな生き方を一緒に叶えていきます。さらに詳しくはこちら。

セミナー情報