ママだって、子育てしながら成長していくもの

ママだって、子育てしながら成長していくもの

今年のバレンタインデー。我が家の娘達もそれぞれが思い思いに手作りしておりました。
上の娘は、どうやら春一番と共に春がやってきていたようで、母としてはホッとしてます。(本人の承諾を得て書いています 笑)
最後は時間がなくなったとかで、妹が、仕上げとラッピングに腕を振るってくれたようで、帰宅してみると、手作りとは思えないかわいいスノーボールが箱に収まっていました。

下の娘は学校でバレンタインパーティーだ!と言って(単に本人が企画好きなだけ)、甘いものからおかず類まで、睡眠時間を削って大量に作っていました。
初めて作ったチョコブラウニーが絶品‼

キッチンに二人並んでいる様子が微笑ましく、母として一番幸せを感じるひと時です。

IMG_4479

この二人がいなかったら、私はどんな人生を歩んでいたのだろう?

おそらくロクな人生でなかったことは確かかな(笑)
若い頃の私は、ホント自分のことしか考えていなくて、嫌なことはすぐ投げ出し、楽しいことだけ追い求めているような人でした。
努力、我慢、忍耐、などの言葉とは無縁に過ごしていたんですね~
それから、夫は妻を幸せするものなのだと、夫に幸せにしてもらうんだと本気で思っていたのです。
なんと傲慢で堪え性がなかったのかとつくづく思ってみたり・・

守るべき存在の出現で母は強くなる

子供の誕生は私にとっては幸せであると同時に衝撃でした。
まず妊娠中から、はじめてまともに栄養バランスやカロリーを気にして食事をするようになりました。
健康に妊娠期間を送れるように、いいと言われることは、努力して取り入れるようにしたり。
産後すぐ、親になった責任の重さを感じ、泣いてブルーになったことは過去の記事にも書いたとおりです(笑)
退院してスヤスヤ寝ているだけなのに、「ちゃんと生きてるかな?!」と常に心配していたこと。
それまで、自分のことに関してはあまり心配することもなかったのに、子供のことになるととりあえず何でも心配してオロオロ。。
ずっと私のことを見てきた母や妹が「あなたでも(お姉ちゃんでも)こんな風になるのね~」と言っていました。

IMG_4482

 

二人が小学校低学年の頃でしょうか。
ある日学校で「一番大切なものはなぁんだ?」「一番大切なのは自分の命に決まってるじゃないか!」みたいな会話が繰り広げられてきたようです。
夕食の時に、同じ質問を私にしてきました。
私が「一番大切なのはあなたたち二人」と言うと、「違うよー!一番は自分の命だよ!」と鬼の首を取ったように言われました(笑)
「そうだよねー。二人は一番大切なのは自分の命でいいんだよ。自分が一番大切って思えるのが大事なんだよ」
「でもね、ママになるとね、一番大切なのは自分の子供になっちゃうの」みたいな会話をしながらギューってしたのを覚えています。

人生で一番一生懸命やってきたこと

子供の誕生以降、すべてはこの子達に幸せになって欲しい、という思いに突き動かされていたように思います。
この子達を傷つけるようなものがあるなら、私が絶対守る!みたいな心境にもなったり。
その分、自分自身がとても強くなったように思います。

忍耐とか努力ということは、子育てをしながらたくさん学びました。「子育てとは忍耐そのものだ」と実感することもしばしば( T_T)\(^-^ )
人にはそれぞれの大切にしている価値観がある。それを尊重する。他者を受け入れる。他者を認める。足りない部分ではなく、足りている部分を見る。その努力をする。信じる。
全ては子育ての中で考える機会を得て、理解して、身につけようと努力したことです。
「二人は私の背中を見て育っていくのだ」と、私自身に後ろめたいことがなく、自分なりの責任と重圧を感じてやってきたこと。
何よりも、子育ては私が今までの人生で「一番一生懸命やってきたこと」なんですね。きっと。
「一生懸命やった」ということが私の一番の成長なのかもしれません。
もしかしたら、世の中のママ達の多くは同じなのかもしれませんね。

photo-1453745374300-b4deac8237d9

 

我ながら一生懸命、全力投球で二人の幸せを願ってやってきたなぁ。と思うと同時に、それが必ずしも子供のためでなかったこともある、ということも容易に想像できます。
娘達にインタビューしたら、迷惑なこと、本当に嫌だったこと、私のことを心の底から嫌いだと思ったこと、などなど、きっとたくさんたくさん、私が忘れていることもボロボロ出てくるんだろうなぁ、ということも覚悟しています。
事実、既に面と向かって言われていることもたくさんあるし・・

そんなこんなな珍道中な子育てではありますが、自分のことしか考えていなかった私が、人としてずいぶん成長したよなぁ、とか思ってみたり(笑)

最後に。
私の人生にこの子達がいてくれて本当にありがとう。
まだまだこの先、何が起こるかわからないし喧嘩もたくさんすると思うけど、どんなことがあっても、どんな未来になっていたとしても、ママは(パパも)二人の幸せを願っているし、絶対に味方でいるからね。

The following two tabs change content below.
須藤 有紀

須藤 有紀

須藤有紀(職業:メンタルコーチ)  夫と大学生の2人の娘と4人家族。 ワーキングマザーとして大手電機メーカーに26年間勤務。会社や地域のコミュニティで、多くの人と関わる中で、自己肯定感の有無が、その人の人生の幸福度に大きな影響を与えていることに気がづきました。自己肯定感こそ、幸せの鍵。その大切さを伝えることを第二の使命として退職。現在プロコーチとして活動中。 アドラー心理学をベースにしたコーチングで、子育て中のお母さんの心配や不安を払拭し、自信を持って子育てでき、ご自身の人生も最高に楽しめるよう、全力でバックアップしています。さらに詳しくはこちら。

セミナー情報