子供は褒めて育てる?

子供は褒めて育てる?

横からの対等な目線が大切

自己肯定感のベースは生まれてから3~4歳までの間に、「愛されている」という安心感を持つことにより、形成されます。

その後、12歳くらいまでに、「これが自分なんだ」「自分はこれでいいんだ」と自己認識していくようになるのです。

大きくなるにつれて、子供の行動も活発になり、いろいろな経験を重ねえていきます。

日々の中で、我が子の思わぬ才能に驚くこともあるのではないでしょうか。
「この子ってすごい!!」「もしかしてこの子って天才?! 」「 将来何になるんだろう?!楽しみ!」 など、どんなに小さい我が子でも、心から尊敬したり賞賛することがあったりしますね。

子供は褒めて育てる、とよく聞きますが、アドラー心理学では「褒める」ではなく「勇気づける」という言葉を使います。「褒める」と「勇気づける」をしっかり使い分けています。
「褒める」とは上からの目線で縦の関係とされ、反対に「勇気づける」とは、横からの対等な目線とされています。

子供を褒めるときにはこの「横からの対等な目線」がとても大切になります。
それこそが子供の自己肯定感と自信を育んでいくのです。

110_F_45780713_tmwpKEKINX5eesAmdsUJJD0kxzUyivvS

万能感だけが膨らむ

子供をコントロールしようとする思いが親のどこかにあったり、「おだて」に近い「いい子ね!」「えらいわね!」「すごいね!」であったり、褒めて育てるのがいいからと、安易に口先だけで褒めていたりして育つと、勘違いした万能感だけが膨らみ、子供は何がすごいのかよくわからないながらも「自分はすごいんだ」「自分は何をしてもいいんだ」という錯覚を持ってしまったりします。結果として、子供の幸せにつながるのが難しくなってしまいます。

また、親の望む行動をした時だけ褒めたり、良い結果だけを見て褒めたり、 人と比較して褒めているなど、条件付きでしか褒められないと、子供は「できないと褒められない」「できない自分はダメなんだ」と思い、自己肯定感を損なうことになってしまいます。
できる自分をもっと見せようとして、もっと頑張ってしまったり、親を喜ばせるために行動するようになったりします。

心の奥では「できない自分はいけない」「できなければ愛されない」という不安や恐れを持ちながら、できる自分を演じるのはとても辛かったりするのです。

110_F_43999523_w5fCF2TtpvZlcUZDEY7HCEIt6JuMDFP0

まとめ

子供を褒めることはとても大切なことで、子供を成長させ自信につながるものですが、親の子供への目線の在り方が、のちに大きな違いとなって表れてきます。

子供を一個人として尊重し、対等な立場で心底尊敬したことや賞賛したことは、子供の心に響き「自分はできる!」という本当の自信になるのです。

アドラー流「勇気づけ」で、子供の自己肯定感を育てていってあげたいですね。

The following two tabs change content below.
須藤 有紀

須藤 有紀

須藤有紀(職業:メンタルコーチ)  夫と大学生の2人の娘と4人家族。 ワーキングマザーとして大手電機メーカーに26年間勤務。会社や地域のコミュニティで、多くの人と関わる中で、自己肯定感の有無が、その人の人生の幸福度に大きな影響を与えていることに気づく。自己肯定感こそ、幸せの鍵。その大切さを伝えることを第二の使命として退職。現在プロコーチとして活動中。 アドラー心理学をベースにしたコーチングで、子育て中のお母さんの心配や不安を払拭し、自信を持って子育てでき、ご自身の人生も最高に心豊かに歩いていけるよう、全力でバックアップしています。さらに詳しくはこちら。

セミナー情報