インフルエンザの予防には「あ・い・う・べー」

インフルエンザの予防には「あ・い・う・べー」

今年も、遅ればせながらではありますが、インフルエンザが流行しています。
妹家族も、妹以外が順番に感染して大変そうでした(>_<)

「あいうべ体操」というのをご存知でしょうか?
発生練習のごとく、

  1. 大きく口を開けて「あ」
  2. 横に広げて「い」
  3. すぼめて「う」
  4. 最後に「べぇ~~~~~~」っと舌を大きく出し下げます。

舌根(舌の付け根)が痛いくらい動かすのが良いようです。
これがインフルエンザ予防に効果的なのです!
え~?!ホントにぃ???なんで?? と思いますよね。。

その理由は、口と舌を大きく動かすトレーニングをすることで、口が閉じやすくなり、自然に鼻呼吸になるからです。
口呼吸を鼻呼吸へ矯正する体操というわけです。

photo-1455391982165-4c080dc7f063

口呼吸では、ウイルスや雑菌をそのまま体内に取り込んでしまいますが、鼻呼吸をすることにより、鼻毛や繊毛によって、ウイルスや雑菌を排除することができます。

関西のある小学校では、5年前からこの体操を取り入れていて、それ以降、インフルエンザで学級閉鎖が激減したという結果が出ています。
そして年々、全国でこの体操を取り入れる小学校が増えています。

インフルエンザ予防の他にも、唾液が出やすくなることで、口腔内環境が改善されることや、免疫機能の上げる効果があり、免疫機能があがることで、多くの不調症状の改善につながるとされています。

この「あいうべ体操」を、10回1セットで1日に3セットやることが望ましいそうです。

他にインフルエンザ予防に効果的なのは、水分をきちんと摂ることです。
冬は乾燥しますので、身体の水分が不足すると、繊毛の働きが低下し、ウイルスや雑菌を体の外へ押し出す力がなくなってしまいます。
水分を与えることで繊毛の働きが活発になりますので、意識して水分を摂ることをオススメします。

できることなら、インフルエンザに縁がないまま、この季節を乗り切りたいものですね。

The following two tabs change content below.
須藤 有紀

須藤 有紀

須藤有紀(職業:メンタルコーチ)  夫と大学生の2人の娘と4人家族。 ワーキングマザーとして大手電機メーカーに26年間勤務。会社や地域のコミュニティで、多くの人と関わる中で、自己肯定感の有無が、その人の人生の幸福度に大きな影響を与えていることに気がづきました。自己肯定感こそ、幸せの鍵。その大切さを伝えることを第二の使命として退職。現在プロコーチとして活動中。 アドラー心理学をベースにしたコーチングで、子育て中のお母さんの心配や不安を払拭し、自信を持って子育てでき、ご自身の人生も最高に楽しめるよう、全力でバックアップしています。さらに詳しくはこちら。

セミナー情報