ママの「なりたい未来」に向かって。自分のできているところをいっぱい見つけてあげる大切さ

ママの「なりたい未来」に向かって。自分のできているところをいっぱい見つけてあげる大切さ

お母さんって、誰に認めてもらうわけではないけれど、毎日ホントによく頑張っていますよね。
認められたくてやってるわけではないし、頑張ったからといって、評価されるわけでも、年収があがるわけでもなく、休みが増えるわけでもないけれど、それでも子供のため、家族のために精一杯やっています。

時にはしんどくてイライラしたり、家族に当たり散らしてしまうことだってあります。
子供の寝顔を見て、「昼間あんなに怒ってごめんね」と反省することもしょっちゅう。
一体いつからこんなにガミガミ言うようになっちゃったんだろう。。。

よそのお宅のママは、もっと心に余裕があるように見えたりして。
もう1人の自分が「どうしてそうなの?」「なんでいつもそんなにイライラしているの?」「こうすればよかったのに、ああすればよかったのに」とか言っていませんか?
どうして自分はこうなんだろう。どうして自分はできないのだろう、と、自分で自分のことを責めていたりしませんか?
「どうして私は・・」「なんで私はできないんだろう・・」

もしくは、「いやいや。自分を責めちゃいけない」「自分を認めてあげなくちゃ」と、無理やり言い聞かせようとするかもしれません。
頭でそれがわかっていても、そうしようとしても、そう思い込もうとしていても、そうできない自分がいて。
するとまたもや「どうして自分を責めるの?」「自分がかわいそうじゃない」「どうして自分を認めてあげないの?」と、さらに責めていたりします。。

photo-1447713060098-74c4ed0be5e5

私の「こうなりたい」に向かって

私はいったいどんなママになりたかったんだっけ?
ホントはどんな家族を作りたいのだっけ?

そんなことを思い出してみませんか。

ありたい私であるために、まずは自分のできているところをたくさん見つけてあげて、「できているところを生かすと、どんなことができるか?」「さらに良くするためにはどんなことをしてみようか?」
そんなことを考えてみるのもいいですね。

「私ってよくやっている!」「十分がんばってる!」って、できてる自分を存分に感じて、自画自賛することもとってもオススメです。

できていないところ、不足している(と思い込んでいる)ところも含めて、「それもこれも含めて、全部が私」「いいとか悪いとかでなく、これが自分」と、ただただそのままを受け取ってあげる。
自分を責めてしまうもう一人の自分がいるのなら、もう一人の自分も自分の中に同化してあげる。受け入れてあげる。

私を丸ごと受け入れてあげることによってのみ、ホントの意味で自分の「こうなりたい」に向かって前進できます。

毎日がんばってるお母さんに、心よりエールを送ります。

The following two tabs change content below.
須藤 有紀

須藤 有紀

50歳からのセカンドステージ専門コーチ  1989年ソニー株式会社入社。管理部、財務部を経て秘書へ。 親友の鬱をきっかけに、自己肯定感を高め幸福度の高い日本社会を作りたいという想いを抱き、26年の会社員生活にピリオドを打ち退職。 2016年、世界最高水準のプロコーチ養成スクールで、平本あきお氏、宮越大樹氏に師事。 アドラー心理学をベースにしたコーチングと、NLP、幸福学研究を取り入れた独自のメソッドで、自分の魅力と可能性に気づき、制約のない第二の人生を実現するWell-beingな生き方を一緒に叶えている。株式会社チームフロー認定コーチ  さらに詳しくはこちら。

セミナー情報 

須藤 有紀
50歳からのセカンドステージ専門コーチ  1989年ソニー株式会社入社。管理部、財務部を経て秘書へ。
親友の鬱をきっかけに、自己肯定感を高め幸福度の高い日本社会を作りたいという想いを抱き、26年の会社員生活にピリオドを打ち退職。
2016年、世界最高水準のプロコーチ養成スクールで、平本あきお氏、宮越大樹氏に師事。
アドラー心理学をベースにしたコーチングと、NLP、幸福学研究を取り入れた独自のメソッドで、自分の魅力と可能性に気づき、制約のない第二の人生を実現するWell-beingな生き方を一緒に叶えている。株式会社チームフロー認定コーチ 
さらに詳しくはこちら。