周囲にいい影響を与える人に育ってほしい。私達の子育ての、その先にあるもの。

周囲にいい影響を与える人に育ってほしい。私達の子育ての、その先にあるもの。

我が子に、どんな人に育ってもらいたいですか?
どんな存在であって欲しいですか?
そんなことを考えながら、そんな軸を持って日々、子育てしていますか?

どんな人になってもらいたいか?
人それぞれ、家庭それぞれの考えや思いが、きっとその数だけありますね。

我が子が影響を与えている世界

たとえば、周囲にいい影響を与えられる、そんな人に育ってもらいたい。
ある意味、理想の姿だったりするのかもしれません。

誰とでも仲良くできる。受け入れられる。
友達のいいところを見る。
勉強を頑張れる。友達に教えてあげられる。
やりたいこと頑張り切れる。それを見た友達も一緒に頑張ろうと思える。
その子がいることで、その場が居心地のいい場所になる。

子供がそんな風に影響していたら、嬉しいですね。

私達の子育ては、決して我が子のためだけのものではないのです。
一生懸命子育てしてきたその先には、我が子が影響を与えている世界が必ずあります。

そんなことを考えながら、子育てをしていたとしたら、どうでしょうか?

日々、私たちが関わるその先にある、子供の世界を想像してみて下さい。
そこで、我が子が、どんな様子で、どんな表情で、どんな風に、どんな影響を与える人であって欲しいですか?

できれば、周囲にいい影響を与える人であって欲しいですね。

いい影響を与えるということは、決して自分を犠牲にして尽くすことではありません。
その人がその人らしくいることで、自然に周囲にいい影響がある。
そんな存在であること。

フォト1457978535446-dcd58011ea54

自分のことが好き。まずはこれが大事。

アドラー心理学では、人が人生で幸せになるためには、3つの条件が必要だとはっきり言っています。
1.自己受容
・自分を受け入れている
・自分が好き
・自分自身が素晴らしい
2.他者信頼
・世界を信頼している
・人が信頼できる
・周りの人たちに支えられている
3.貢献感
・貢献感を持っている
・自分の好き得意で、誰かの役に立てている
(出典:株式会社チームフロー)

また、「自分が好き」「人を信頼できる」「私は役に立っている」この3つが揃ってはじめて、周囲にいい影響を与えられるようになるのです。
自分自身が幸せでいてはじめて、周りも幸せになるような、いい影響を与えられるのです。

まずは自分のことが好きなこと。
いいところもイマイチなところもあるけれど、それはそれで、そんな自分であってもいい。
そんな自分って悪くない。そんな自分が好き、と思えること。
これ根っこの根っこです。

結局は親の人としての在り方

自分の周りにいい影響を与えている人っているかな?
誰だろう?
と考えてみるとどうでしょう?

いい影響を与えている人がいたら、その周りってどんなふうになっていますか?

例えば、その人の言動で、元気になれる
例えば、その人が人の輪を広げてくれる
例えば、その人が行動することで環境が改善される
例えば、その人が提供してくれるもので、大きな知識や深い感動が得られる
例えば、その人の生き方自体を真似てみたくなる
例えば、その人といると勇気が湧いてくる

もし、親である私達自身が、周囲にいい影響を与える人であったなら。

子供は親を見て育っています。
親である私達自身が、周りにいい影響を与えられる存在であること。
結局のところ、それが一番の教育であり、子供の人生のベースを作っています。

「あなたの子供でよかった」いつか子供にそんな風に思ってもらえたら、それが親としての金メダルなのかもしれないですね。

私自身が、周りにいい影響を与えられる、そんな親でありたいと思います。

 

こちらの記事もいかがですか
子供を信じる親の覚悟(子供の課題に踏み込まない) | 心豊かに歩こう
子供が自分の人生の主人公であるために。親が教える「責任」について。 | 心豊かに歩こう
子供が「自分で考え、行動する力」を身につけるためには | 心豊かに歩こう

The following two tabs change content below.
須藤 有紀

須藤 有紀

feel PLUS代表 50歳からのセカンドステージ専門コーチ  1989年ソニー株式会社入社。管理、財務、秘書に26年間従事。 35歳のとき、親友の鬱をきっかけに自己肯定感の大切さに気づく。誰もが自己肯定感を高め、幸福度の高い社会を作りたいという想いを実現するため退職。 2016年、世界最高水準のプロコーチ養成スクールで、平本あきお氏、宮越大樹氏に師事。 現在はアドラー心理学をベースにしたコーチングと、NLP、幸福学研究を取り入れた独自のメソッドで、自分の才能と可能性に気づき、Well-beingな生き方を叶える人を応援し活動している。株式会社チームフロー認定コーチ  さらに詳しくはこちら。

セミナー情報 

須藤 有紀
feel PLUS代表 50歳からのセカンドステージ専門コーチ  1989年ソニー株式会社入社。管理、財務、秘書に26年間従事。
35歳のとき、親友の鬱をきっかけに自己肯定感の大切さに気づく。誰もが自己肯定感を高め、幸福度の高い社会を作りたいという想いを実現するため退職。
2016年、世界最高水準のプロコーチ養成スクールで、平本あきお氏、宮越大樹氏に師事。
現在はアドラー心理学をベースにしたコーチングと、NLP、幸福学研究を取り入れた独自のメソッドで、自分の才能と可能性に気づき、Well-beingな生き方を叶える人を応援し活動している。株式会社チームフロー認定コーチ 
さらに詳しくはこちら。

体験セッション

ただいま体験セッション募集中です。
———————————————–
◆モニターセッション◆

対象:セッション後にご感想をいただける方
モニター価格:¥3,000/90分(通常¥5,000)
場所:青山周辺の会議室またはカフェ
※Zoom,Skypeなどのオンラインセッションも対応いたします。

このような方にお勧めです。
☑人生の転換期を迎えて、次のステージへ進みたい人。
☑自分を活かしきれずモヤモヤしている人。
☑自分の強みや才能をみつけ、仕事にしていきたい人。
☑セカンドステージは、何か新しいことにチャレンジしたい人。
☑パートナーといい関係でいたい人。
☑自分も周りも幸せにしたい人。

第二の人生へ歩み始めようとする人が、
あらためて「自分」と深く向き合うことで、
”わたしの喜び”をみつけて、
これまで考えてもみなかった自分の才能や可能性に気づき、
心からやりたいことを実現したり、
夫婦の関係が好転して、
この先の人生がますますイキイキと輝き出す。
毎日が「わくわく、楽しい、うれしい」へ変わっていく。

あなたらしいWell-beingな100年人生を実現するために伴走します。