五感で感じるものを「快」にする。それって自分を大切にすること。

五感で感じるものを「快」にする。それって自分を大切にすること。

先日、マシューボーン演出のバレエダンス「眠れる森の美女」を観てきました。

マシューボーンは2回目で、前作の「白鳥の湖」(白鳥が全員が男性ダンサーという)に感動して、すっかりファンになり、今回の来日もとても楽しみにしていたのです。

踊りが素晴らしいのはもちろん、舞台や衣装の美しさ、音楽も、今までにないストーリーも、どれも本当に感動で、
最後は、日本ではあまり見られないけど、スタンディングオベーション‼
いつまでも拍手が鳴りやみませんでした。

心が揺さぶられるような感動。
自然に涙が溢れていたり、
ゾゾっと鳥肌が立ったり、
手のひらが痛くなるくらい拍手していたり。

こういうの、たまにあります。
この感じ、大好きです。

14355160_1091865197588243_2190199291595218786_n

感動すると機嫌がよくなる?

感動するって、喜びであり、わくわくであり、
心震えるような、そんな感覚でしょうか。

生きててよかったーー
こんな体験できてよかったーーー

心が満たされて、大満足な感じ。
めいいっぱい心が、豊かになる感じ。
鼻歌でもうたいたくなるような、そんな感じ。

自分が満たされて、満足していると機嫌がいい。

すると、自然に旦那さんや子供にも優しくなれる。
そんな経験、きっと誰にでもありますね。

感動って、大げさなもでなくても、日々の生活で、実はたくさんあったりします。
「きれーい!」
「あったかーい」
「おいしーー」
「いいにおーい」
「いい曲ーー!」などなど。
要は、五感で感じる心地良いものが、日常の感動だったりするんですね。

そして、五感で感じる心地いいものを意識できるだけで、
「ああ、しあわせ」って、
心が満たされて、ご機嫌でいられます。

日ごろから、自分の五感は何をどう感じているか?
「あ、この感じ好き」
「この感じ、いい」
っていうものを、たくさん感じてみてください。

14355147_1091865204254909_2950007245782063849_n

五感で感じているものを意識する

暑さ寒さも彼岸まで、と言われるとおり、いつの間にか少し肌寒いくらいの秋の夜。
仕事帰りにふと空を見上げたら、明るいきれいな月。
帰宅して、美味しいご飯のあと、一息ついたら、
湯船につかって、あったか~いお風呂でのんびり。
かすかに聞こえる虫の音。
ふわふわのタオルの感触と、柔軟剤のいい匂い。

視覚、聴覚、臭覚、触覚、味覚

これら五感で感じた刺激が脳に送られ、快・不快として認識されます。

快が多ければ、自然と自分はご機嫌になるし、
不快が多ければ気持ちも下がります。

自分は今、何が心地よくて、何が不快だと感じているのか?

五感で感じているものを意識してあげることって、
実は、自分を大切にする一番大事なことだったりするのです。

快か、不快か、
好きか、嫌いか
これって、自分にとって大切な価値観。
「快」「好き」を増やしていくことで、自分を満たしてあげられます。

反対に、五感で感じたふとした「違和感」を無視しない。流してしまわない。
なんか嫌だな、この感じ。
そう思ったら、その感じを手放すことをしましょう。

自分の五感が何を感じているか、そしてそれは快なのか?不快なのか?
感じてみてくださいね。

photo-1445991842772-097fea258e7b

The following two tabs change content below.
須藤 有紀

須藤 有紀

須藤有紀(職業:メンタルコーチ)  夫と大学生の2人の娘と4人家族。 ワーキングマザーとして大手電機メーカーに26年間勤務。会社や地域のコミュニティで、多くの人と関わる中で、自己肯定感の有無が、その人の人生の幸福度に大きな影響を与えていることに気がづきました。自己肯定感こそ、幸せの鍵。その大切さを伝えることを第二の使命として退職。現在プロコーチとして活動中。 アドラー心理学をベースにしたコーチングで、子育て中のお母さんの心配や不安を払拭し、自信を持って子育てでき、ご自身の人生も最高に楽しめるよう、全力でバックアップしています。さらに詳しくはこちら。

セミナー情報