中学受験の苦い思い出・・・ そこから学んだことがたくさんある。

中学受験の苦い思い出・・・ そこから学んだことがたくさんある。

11月だというのに、東京で雪が降りましたね~
それもお昼過ぎまで降っていたので、ちょっと焦りました。
普段、出番の少ない長靴を履きながら、「センター試験の時は降らないといいなぁ」などと思ってみたり。。

中学受験、、、そんなに甘くなかった・・

我が家の次女は、現在高校3年生。
受験生真っ盛りな感じです。

中高一貫の女子高に通っているので、6年ぶりの入試となるわけですが・・
まぁ今回は、さすがに私の出番はなく、せめて好きなご飯やスイーツを用意しておくくらいで。

それと比較すると、中学受験の時は、テキトー子育ての私でも、
それなりに苦労したなぁ~
長女の時は、中学受験が初体験で(私自身は地元の公立)、
正社員で働きながら、それにしても、今思うと、笑っちゃうくらい、
甘く考え過ぎていたなぁ、と、つくづく思ったりしています。

5aiwn2u10cw-aaron-burden

どうして中学受験するの?

そもそも最初は、中学受験を考えていたわけではなかったのだった。
私も夫も地元の公立中学・高校でしたので、それがフツーだと思っていたし、
我が家の学区も全く問題のない中学でしたので、それで十分と思っていたのに。

小3の途中くらいからでしょうか。
周囲でチラホラ私立受験の話が出はじめて。
ママ友に誘われるがままに、塾の説明会に行ってみたんですね。

ある意味衝撃でした。
中高6年間続いていることでの良い面がたくさん!
私が惹かれたのは二つあって、
1.部活が3年間で途切れないこと。
2.高2までにカリキュラムを終了し、最後1年は受験勉強に没頭できること。

私は中学からブラスバンド部だったのですが、
中学の時は、めちゃめちゃ活動的な大所帯の部活で、
コンクールや定期演奏会などに向けて、盆暮れなく練習でした。
まさに青春そのものだったんですよね~

ところが高校は、弱小部でなかなか活躍の場はなかったんです。
ただ、メンバーには恵まれて、今でも集まって語り合いますが、それでもやっぱり
もっと部活で青春したかったなぁ。

それから二つ目。
私自身が大学受験に失敗したこともあって、最後1年間が受験勉強に没頭できるなんてすばらしい!
と単純に思ってしまったんです。
私立ってそういうカリキュラムなのね・・と。

vrr9a2roobi-patrick-pilz

「塾にお任せ」ではダメ。

中学受験はお母さんとお子さん、塾とお子さんの二人三脚で、と言われます。
一緒に頑張らないと志望校への合格は厳しいわけですが、
実感としては、合格するためには、二人三脚というより、
ほぼほぼ、お母さんの頑張りによるのではないか、と思っています。
もちろん、きちんと受験に対する意識を持ったお子さんは、この限りではありません。

中学受験は、「塾にお任せ」で乗り越えられるような、そんな代物ではないってことです。

ちなみに我が家は、長女次女ともに、第一志望は合格ならず・・
ですが、ご縁あって行くことになった学校で、二人ともめちゃめちゃ楽しみ、
青春を謳歌しました!

私にとっては、苦~い、苦し~い、経験となった
中学受験については、引き続き書いていきたいと思います。

The following two tabs change content below.
須藤 有紀

須藤 有紀

須藤有紀(職業:メンタルコーチ)  夫と大学生の2人の娘と4人家族。 ワーキングマザーとして大手電機メーカーに26年間勤務。会社や地域のコミュニティで、多くの人と関わる中で、自己肯定感の有無が、その人の人生の幸福度に大きな影響を与えていることに気がづきました。自己肯定感こそ、幸せの鍵。その大切さを伝えることを第二の使命として退職。現在プロコーチとして活動中。 アドラー心理学をベースにしたコーチングで、子育て中のお母さんの心配や不安を払拭し、自信を持って子育てでき、ご自身の人生も最高に楽しめるよう、全力でバックアップしています。さらに詳しくはこちら。

セミナー情報