「心身共に健康」が一番!

「心身共に健康」が一番!

最近、私の周りでは、体調不調を訴える声をよく聞くようになりました。
女性の年齢的に変化のときではありますが、できるなら穏やかにやり過ごしたいですね。

心と身体、どちらか一方のバランスが崩れても、なかなかしんどいものです。
体調が悪いときは、気持ちも上向きになりにくものです。
いや、逆もしかり。「病は気から」というように、心が弱っていると体に不調が現れます。
やはり「心身共に健康」が望ましいですね。

gatag-00012376

悩みのほとんどは人間関係

過度なストレスは自立神経のバランスを崩し、免疫力の低下を招きます。
病原菌やウイルスに抵抗する力が弱まってしまうため、結果、さまざまな病気を引き起こしてしまいます。

私達の問題・悩みは、多種多様ではありますが、元をたどれば、職場、学校、家庭、パートナーなど、人間関係によって引き起こされていることがほとんどだと言われています。

自己肯定感が高いと、必要以上に他人の目を気にすることがなく、「他者と自分は対等」という感覚でいるので、躊躇なく自分から人に寄っていくことができます。

また、自分がしてほしいことを誰かに頼んだり、自分がしてもらって嬉しいことを他の人にしたり、ということに迷いがありません。相互信頼の関係を容易に築くことができるのです。

このように楽に信頼関係を築くことができる上、自分と同様に他者を尊重し受け入れることができるので、自然と人間関係の問題は少なくなります。
人間関係に問題がないと、あまりストレスを受けずに(感じずに)生活できるようです。

日々、自分の体調の変化を感じていますか?
今年もまたインフルエンザの流行する季節がやってまいります。
体調を整えて過ごしたいですね。

The following two tabs change content below.
須藤 有紀

須藤 有紀

須藤有紀(職業:メンタルコーチ)  夫と大学生の2人の娘と4人家族。 ワーキングマザーとして大手電機メーカーに26年間勤務。会社や地域のコミュニティで、多くの人と関わる中で、自己肯定感の有無が、その人の人生の幸福度に大きな影響を与えていることに気づく。自己肯定感こそ、幸せの鍵。その大切さを伝えることを第二の使命として退職。現在プロコーチとして活動中。 アドラー心理学をベースにしたコーチングで、子育て中のお母さんの心配や不安を払拭し、自信を持って子育てでき、ご自身の人生も最高に心豊かに歩いていけるよう、全力でバックアップしています。さらに詳しくはこちら。

セミナー情報