Well-beingに欠かせない健康寿命、どこまで?

Well-beingに欠かせない健康寿命、どこまで?

おかげさまで、能登で大腿骨を骨折した母が退院しました。
能登で1ヶ月。
東京の病院へ転院して2ヶ月半。

88歳の大腿骨骨折は、そのまま寝たきりになって、
イコール介護かと覚悟していましたが、
自宅で一人暮らしができるまでに復活してくれました。

まだ能登に入院中、
「お母さん、ぶっちゃけもう一人暮らしは心細いでしょう?うちに来る?」と聞いてみたところ、
ポカンとして「何言ってるの。まだ一人で大丈夫よ」と。
歩けるようになるから大丈夫、と。

そうなの⁉️

長年、俳句と水彩画が趣味の母。
「月に2回は京橋と王子の句会に行かなきゃいけないし、みんな待ってるのよ。まだまだ終わるわけにいかないの」と。

すごい❗️
お母さん!!すごいよ!!
我が母ながら、その生きるエネルギーに
リスペクトと共に最大限のエールを送ります。

父が他界して3年。
それでも母には、
待っていてくれる仲間がいる。
貢献できる場所がある。
居場所がある。
それって本当にありがたく、幸せなことだと、
あらためて感じました。

私もそんな88歳になるんだ😊

三鷹の野村病院では、
リハビリ病棟の先生方がチームで、
できる限り怪我する前の生活に近づくことを目標に
指導して下さいました。

銀座線の京橋駅はエレベーターがないらしく、
本人の希望で、階段の昇り降りを一生懸命練習したそう。

退院前には自宅の家庭訪問があり、
これから独りで生活する上での改善点や、
工夫をたくさんアドバイスしてくれました。
コンビニへ行くリハビリ
バスに乗るリハビリ
料理を作るリハビリまで。
あと、転んだ時に起き上がる動作なども練習し、
本当に手厚くサポートしていただきました。

とは言え、足元はやっぱりぎこちないですし、
背中も曲がったように見えますが、
母が望むところまで、自立した生活ができるよう、
私たち家族は、見守りつつサポートしていきたいと思っています。

祖母の命日でしたので、さっそく墓前に報告してきました。

The following two tabs change content below.
須藤 有紀

須藤 有紀

アラフィフのセカンドステージコーチ  自己肯定感を高め幸福度の高い人を増やしたいという想いから、26年勤務したソニーを退職。 2016年、世界最高水準のプロコーチ養成スクールで、平本あきお氏、宮越大樹氏に師事。 アドラー心理学をベースにしたコーチングと、NLP、幸福学研究を取り入れた独自のメソッドで、潜在能力を引き出し自分の魅力と可能性に気づくセッションを行う。 自信をもって第二の人生へ進む、Well-beingな生き方を一緒に叶えている。株式会社チームフロー認定コーチ  さらに詳しくはこちら。

セミナー情報 

About The Author

須藤 有紀
アラフィフのセカンドステージコーチ  自己肯定感を高め幸福度の高い人を増やしたいという想いから、26年勤務したソニーを退職。
2016年、世界最高水準のプロコーチ養成スクールで、平本あきお氏、宮越大樹氏に師事。
アドラー心理学をベースにしたコーチングと、NLP、幸福学研究を取り入れた独自のメソッドで、潜在能力を引き出し自分の魅力と可能性に気づくセッションを行う。
自信をもって第二の人生へ進む、Well-beingな生き方を一緒に叶えている。株式会社チームフロー認定コーチ 
さらに詳しくはこちら。