昭和に戻って

昭和に戻って

ここ1年くらいで、父の認知症が急速に進み、レビー小体型認知症ということで、この夏にホームに入りました。
レビー小体型は、アルツハイマー、血管性認知症に次いで3番目に多く、主に男性が発生しやすい傾向にあるそうです。

先日、父がホームで転んで頭を打ったかもとのことで、病院へ運ばれ、念のため入院となりました。
入院先の病院で、もしかしたらパーキンソン病が疑われるので検査を、とのことでしたので、昨日は母と一緒に、紹介された武蔵野の日赤病院の神経内科へ、父を連れて一時外出してきました。

往復には「介護タクシー」というものを利用したので、車椅子ごと乗降できてとても助かりました。
てっきり病院の車なのかと思いきや、完全個人タクシーなのだそうです。
最近では個人でこういったお仕事を始める方も増えているそうで、ドライバーの方は営業用の運転免許の他に、介護ヘルパーの資格や、消防主催の救命訓練などを受けていらっしゃるとのことでした。

私が生まれた病院へ

武蔵野の日赤病院は兄と私が生まれた病院なのです。
物心ついたときは、少し離れた地域に引っ越していたので、車で前を通ることはあっても、中に入るのは初めてでした。
現在は大変キレイで機能的な病院になっていますが、母は「あら~すっかり変わっちゃって」などと古い建物の様子を語り、懐かしんでいました。
父にも「ここ日赤だよ。お兄ちゃんと有紀が生まれた病院だよ」と話しましたが、ふむふむと返事はするものの、わかっているのかな?わかってないかな?微妙なラインですね。

私は1月生まれですが、その年は例年にない大雪で、日赤の窓から見える景色が、辺り一面銀世界だったそうです。
色が白かったのもあって、迷わず「ゆき」という名前に決まったのでした。^^

父の診断結果は、パーキンソンではなく、やはりレビー小体型認知症でしょう、とのことで、元の病院へ戻って参りました。

喫茶店「くすの樹」

くすの樹4
病院へ戻る車の中で、昔、まだ実家にいた頃によく行った喫茶店を発見し、あとから母と遅めのランチに入りました。
「くすの樹」という名前のとおり、大きなくすの木がシンボルマークのレトロなお店です。
辺りの様子がすっかり変わってしまったので、位置関係がわからなくなっていましたが、確かに、あの喫茶店です。
20年ぶりくらいでしょうか。シンボルのくすの木はあの頃よりさらに立派になって、空高く茂っているようです。

くすの樹7

 

くすの樹3

最近は、お茶をするといっても、スタバやおしゃれな明るいカフェばかりなので、くすの樹のような、クラッシックの流れる少し薄暗い喫茶店はめずらしいですね。母も昭和な感じを懐かしみ喜んでいました。

写真はカツサンドとローストビーフのホットサンドです。
ホットサンドは2種類のパンで作ってあるので、2倍楽しめます!
コーヒーも操業当初からのオリジナルから種類も豊富で、選ぶのに相当迷ってしまいました。
かつての記憶で、ケーキがとても美味しかったのですが、今日はお腹いっぱいで断念。
次回またお見舞いに来たときに食べることにいたします。

そんなこんなな1日でしたが、私の生まれた病院と、懐かしい喫茶店に再会して、つかの間、娘時代にタイムスリップしたような気がしました。

昭和な気分に浸るには、「くすの樹」おすすめです。

くすの樹1

The following two tabs change content below.
須藤 有紀

須藤 有紀

須藤有紀(職業:メンタルコーチ)  夫と大学生の2人の娘と4人家族。 ワーキングマザーとして大手電機メーカーに26年間勤務。会社や地域のコミュニティで、多くの人と関わる中で、自己肯定感の有無が、その人の人生の幸福度に大きな影響を与えていることに気づく。自己肯定感こそ、幸せの鍵。その大切さを伝えることを第二の使命として退職。現在プロコーチとして活動中。 アドラー心理学をベースにしたコーチングで、子育て中のお母さんの心配や不安を払拭し、自信を持って子育てでき、ご自身の人生も最高に心豊かに歩いていけるよう、全力でバックアップしています。さらに詳しくはこちら。

セミナー情報