七転び八起き

七転び八起き

以前、おばあちゃんが、七転び八起きのかわいいお土産を買ってきてくれました。
福島県の鶴ヶ城へ行った時のものだそうです。

自己肯定感とは、まさに七転び八起きを実現してくれる力そのものだなぁ、と思うのです。

  • 自分を信じられる力
  • 何とかなるさと思える力
  • 他者との信頼関係を築ける力

人生には大なり小なり、凹むこと、ショックで心が折れそうになることは、必ずや訪れてしまいます。
そんな時に必要なのは、凹んでも立ち直れる力です。
立ち直れる力があれば、また次にチャレンジしていくことができるのです。

子供には凹む経験も大切

子供が凹んだ時には、まずは親がそのままを受け止め「そうだったんだね」と、肯定してあげることが大切です。
そのためには、凹んでいることを話せる、親子関係であることがとても大切です。
そして全肯定して、「大丈夫」と勇気づけてあげることが、子供の自己肯定感を育てます。
安心感に包まれて、背中を押してもらったら、またもう一度頑張れる力が湧いてきます。

子供のうちに、上手に小さな凹む経験を重ねていくと、やがて、多少のことでは動じない、しなやかな強い心が育ちます。
子供が痛い目にあわないように、親が先回りしてしまうのは、子供の自己肯定感を育む機会を奪っていることになりますので、ぐっとこらえて見守る努力が必要です。
凹んでも立ち直れるという経験を通じて、自分を信じられる力を育ててあげたいですね。

一歩踏み出す人生を

現代は子供から大人まで、常日頃、大小さまざまなストレスにさらされながら生活しています。
そんなストレスをうまくかわして、あまり大変と感じずにいける鍵こそが自己肯定感です。

自己肯定感があれば、凹むことがあっても、そんなに深いところまで落ち込まず、早期に立ち直れます。
凹んでも立ち直れる自分であることを知っていたら 、何度でもチャレンジしていけます。
凹むことを恐れて、回避する人生よりも、一歩踏み出す勇気をもって人生を歩んでいけたら素敵ですね。

The following two tabs change content below.
須藤 有紀

須藤 有紀

50歳からのセカンドステージ専門コーチ  1989年ソニー株式会社入社。管理部、財務部を経て秘書へ。 親友の鬱をきっかけに、自己肯定感を高め幸福度の高い日本社会を作りたいという想いを抱き、26年の会社員生活にピリオドを打ち退職。 2016年、世界最高水準のプロコーチ養成スクールで、平本あきお氏、宮越大樹氏に師事。 アドラー心理学をベースにしたコーチングと、NLP、幸福学研究を取り入れた独自のメソッドで、自分の魅力と可能性に気づき、制約のない第二の人生を実現するWell-beingな生き方を一緒に叶えている。株式会社チームフロー認定コーチ  さらに詳しくはこちら。

セミナー情報 

須藤 有紀
50歳からのセカンドステージ専門コーチ  1989年ソニー株式会社入社。管理部、財務部を経て秘書へ。
親友の鬱をきっかけに、自己肯定感を高め幸福度の高い日本社会を作りたいという想いを抱き、26年の会社員生活にピリオドを打ち退職。
2016年、世界最高水準のプロコーチ養成スクールで、平本あきお氏、宮越大樹氏に師事。
アドラー心理学をベースにしたコーチングと、NLP、幸福学研究を取り入れた独自のメソッドで、自分の魅力と可能性に気づき、制約のない第二の人生を実現するWell-beingな生き方を一緒に叶えている。株式会社チームフロー認定コーチ 
さらに詳しくはこちら。