乳幼児期に、自己肯定感のベースを作ってあげることこそ、究極の早期教育です。

乳幼児期に、自己肯定感のベースを作ってあげることこそ、究極の早期教育です。

週末は、土日それぞれ、過去のセミナーでお友達になった方との楽しいランチのひと時でした。

土曜日は、自由が丘にいつの間にかできていた、できたてマドレーヌのお店「ラパン」のワンプレートランチ。

madeleinelapin | マドレーヌラパン

彩りキレイなランチプレートのあとは、デザートにマドレーヌが数種類からひとつ選べて幸せ^^

帰りに、季節限定モノを中心にテイクアウトで買ってみました。

IMG_3925

願いは「お母さんと子供の幸せ」

日曜日は、長年の保育士の経験を活かし、ワーキングマザーのサポートを志していらっしゃる、素敵な女性とのランチでした。

白鳥 夏帆さんのブログ

忙しいワーキングマザーの強い味方 チャイルドカウンセラー 白鳥夏帆

私自身が、つい半年前までワーキングマザーだったので、子供が小さい頃の保育園の先生の存在は、本当に本当に心強く、感謝してもし尽くせないほどです。

なので、セミナーの時は、夏帆さんの自己紹介を聞いただけで、勝手に尊敬と親近感をもってしまいました。
休憩時間にいそいそと話しかけにいき、すっかり意気投合し、今度ゆっくりお話ししましょう、という運びとなった次第です。

私達二人の共通の願いは「お母さんと子供の幸せ」です。
そのために、今それぞれのアプローチで活動するために進んでいます。

自分で考え、自分で伝えることができる教育を

今後センター試験は2020年には廃止になり、大学の入試内容が大きく変わります。

今年、友人のお嬢さんが、難関をくぐり抜け、ある私立中学に入学しました。
その学校の入学前の課題が、各教科白い紙がペラリとあるだけで、例えば、数学科の課題ならば「世の中の数字について、あなたの考えを書きなさい」と、数字に関する自分の捉え方と考えを書くものだったそうです。

大人でも戸惑ってしまう内容で、親の方もあれこれ調べてしまったとか(笑)

これからの子供達は、読み書き計算ではなく、 「思考力・判断力・表現力」が求められているのだと、つくづく感じた一件です。

学校でも社会でも、自分の頭で考え、自分の意見が言える人材が求められているのですね。

夏帆さんが通っていた小学校は、当時のパイロット校だったそうで、国語の授業で「石臼」という言葉が出てくれば、実際に石臼を使ってみんなで小麦を挽き、家庭科の授業も合同で、うどんを作ったりして、「体験で理解する」ということを重視していた小学校だったそうです。

関西方面の難関私立校でも、そのようなユニークな授業に多くの時間を割いている、という話も聞いたことがあります。
特色のない公立校だった私からすれば羨ましい限りです。

これからは、こういう特色ある学校が益々増えるといいなぁと思います。
増えてくると子供の学校生活は何倍も楽しいでしょうね!

自己肯定感のベースを作ってあげることこそ、究極の早期教育

「思考力・判断力・表現力」が求められている一方で、詰込み型の子供の早期教育は、加熱するばかりです。

親は、過去の自らの経験や価値観から、「よかれ」と思うことを、小さい時からいろいろ身に着けさせようとするでしょう。
しかし、先々いろいろなものが積みあがっていくのに肝心なのは、その子のベースに安心感と信頼があるかどうか、なのです。

人生を幸せに生きるために大切な自己肯定感のベースは、生まれてから0~3歳で作られます。
0~3歳の間に、親がどれだけ子供の意思をくみ取り、健全な愛情をかけてあげられるか、で、後々大きな違いになって表れてきます。
結局のところ、生まれてから数年の間に、自己肯定感のベースを作ってあげることが、究極の早期教育なのかもしれません。

母と子の幸せについて、話は尽きませんでした。
こうして、お互いの夢を語り合え、応援しあえる存在が、嬉しく、そしてとても心強いです。

photo-1437943085269-6da5dd4295bf

 

The following two tabs change content below.
須藤 有紀

須藤 有紀

feel PLUS代表 セカンドステージ専門コーチ  新卒でソニー株式会社入社。管理、財務、秘書に26年間従事。 35歳のとき、親友の鬱をきっかけに自己肯定感の大切さに気づく。誰もが自己肯定感を高め、幸福度の高い社会を作りたいという想いを実現するため退職。 2016年、世界最高水準のプロコーチ養成スクールで、平本あきお氏、宮越大樹氏に師事。 現在はアドラー心理学をベースにしたコーチングと、NLP、幸福学研究を取り入れた独自のメソッドで、自分の才能と可能性に気づき、Well-beingな生き方を叶える人を応援し活動を展開している。株式会社チームフロー認定コーチ  さらに詳しくはこちら。

セミナー情報 

須藤 有紀
feel PLUS代表 セカンドステージ専門コーチ  新卒でソニー株式会社入社。管理、財務、秘書に26年間従事。
35歳のとき、親友の鬱をきっかけに自己肯定感の大切さに気づく。誰もが自己肯定感を高め、幸福度の高い社会を作りたいという想いを実現するため退職。
2016年、世界最高水準のプロコーチ養成スクールで、平本あきお氏、宮越大樹氏に師事。
現在はアドラー心理学をベースにしたコーチングと、NLP、幸福学研究を取り入れた独自のメソッドで、自分の才能と可能性に気づき、Well-beingな生き方を叶える人を応援し活動を展開している。株式会社チームフロー認定コーチ 
さらに詳しくはこちら。

体験セッション

ただいま体験セッション募集中です。
———————————————–
◆モニターセッション◆

対象:セッション後にご感想をいただける方
モニター価格:¥3,000/90分(通常¥5,000)
場所:青山周辺の会議室またはカフェ
※Zoom,Skypeなどのオンラインセッションも対応いたします。

このような方にお勧めです。
☑人生の転換期を迎えて、次のステージへ進みたい人。
☑自分を活かしきれずモヤモヤしている人。
☑自分の強みや才能をみつけ、仕事にしていきたい人。
☑セカンドステージは、何か新しいことにチャレンジしたい人。
☑パートナーといい関係でいたい人。
☑自分も周りも幸せにしたい人。

第二の人生へ歩み始めようとする人が、
あらためて「自分」と深く向き合うことで、
”わたしの喜び”をみつけて、
これまで考えてもみなかった自分の才能や可能性に気づき、
心からやりたいことを実現したり、
夫婦の関係が好転して、
この先の人生がますますイキイキと輝き出す。
毎日が「わくわく、楽しい、うれしい」へ変わっていく。

あなたらしいWell-beingな100年人生を実現するために伴走します。