「しっくりくるか、こないか」 自分を大切にするトレーニング

「しっくりくるか、こないか」 自分を大切にするトレーニング

自分がしっくりくるか、こないか、
居心地がいいか、悪いか
ピンときたか、そうでないか

こういう、自分で感じた感覚を流してしまわずに、見逃さずに、意識していくことこそが、「自分を大切にする」という基本なのだと思います。

「ちょっと違うな」
「なんか嫌だな」
「うわ。感じ悪い~~」

と、ふとよぎったときに、

「いやいや、そんな風に思っちゃいけない」
「そんな風に思う私がおかしい」
「意見したら、相手を嫌な気持ちにさせちゃう」
「とりあえず私が我慢すれば、波風立たないし」

とか、自分に言い聞かせて、自分を納得させてしまったりしませんか?

本来の自分が埋もれて見えない

ふと感じた違和感を、なかったことにしていませんか?

「今、自分は、嫌だと思っている」
「今、自分は、ちょっと違うと感じている」

という、自分の感情を大切にして、優先してあげることって、実はとても大切なのです。

大人になるにつれて、いろいろな経験を積んでいる分、自分流の対処の仕方として、身に着けた護身術であったりするのですが、自分の「しっくりこない」感情をそのままにしていると、いつもいつもそうしていると、違和感をなかったことにする癖がついて、本来の自分が埋もれて見えなくなってしまいます。

でも、奥底の自分では違和感を感じていますので、どこか不快で燻り続けます。

そういう小さな燻りが、いつか大きな炎となって、大抵の場合は、心身の不調として表面化されます。
精神的な疾患(うつ病など)は、感情を抑圧することに よって生じると言われます。

自分がどう感じているかを知ることは、自分の健康に直結しているのです。

kaboompics.com_Woman's hand holding a pencil

自分自身に正直に生きる

違和感を感じたならば、その場で言ってもいいですし、言えない(言わない方がいい)大人の事情があったりするのならば、自分自身で視覚化してあげることをお勧めします。

紙に書きだす、スマホのメモに書き出す、など、まずは自分が感じたことを目で見て、
「ああ、自分はこう感じているんだ」
と、気づいてあげて下さい。受け入れてあげて下さい。
決して、流してしまわないで下さい。なかったことにしないで下さい。

自分が、自分自身に正直に生きる。
自分がどう思っているか、自分がどう感じているか、常にそれを意識して、優先してあげる。
これが「自分を大切にする」、という基本なのです。

自分の違和感を大切にして、認めてあげることで、自分を大切にする力はついていきます。

まずはここから、「自分を大切にするトレーニング」、始めてみましょうか。

The following two tabs change content below.
須藤 有紀

須藤 有紀

50歳からのセカンドステージ専門コーチ  1989年ソニー株式会社入社。管理部、財務部を経て秘書へ。 親友の鬱をきっかけに、自己肯定感を高め幸福度の高い日本社会を作りたいという想いを抱き、26年の会社員生活にピリオドを打ち退職。 2016年、世界最高水準のプロコーチ養成スクールで、平本あきお氏、宮越大樹氏に師事。 アドラー心理学をベースにしたコーチングと、NLP、幸福学研究を取り入れた独自のメソッドで、自分の魅力と可能性に気づき、制約のない第二の人生を実現するWell-beingな生き方を一緒に叶えている。株式会社チームフロー認定コーチ  さらに詳しくはこちら。

セミナー情報 

須藤 有紀
50歳からのセカンドステージ専門コーチ  1989年ソニー株式会社入社。管理部、財務部を経て秘書へ。
親友の鬱をきっかけに、自己肯定感を高め幸福度の高い日本社会を作りたいという想いを抱き、26年の会社員生活にピリオドを打ち退職。
2016年、世界最高水準のプロコーチ養成スクールで、平本あきお氏、宮越大樹氏に師事。
アドラー心理学をベースにしたコーチングと、NLP、幸福学研究を取り入れた独自のメソッドで、自分の魅力と可能性に気づき、制約のない第二の人生を実現するWell-beingな生き方を一緒に叶えている。株式会社チームフロー認定コーチ 
さらに詳しくはこちら。