「しっくりくるか、こないか」 自分を大切にするトレーニング

「しっくりくるか、こないか」 自分を大切にするトレーニング

自分がしっくりくるか、こないか、
居心地がいいか、悪いか
ピンときたか、そうでないか

こういう、自分で感じた感覚を流してしまわずに、見逃さずに、意識していくことこそが、「自分を大切にする」という基本なのだと思います。

「ちょっと違うな」
「なんか嫌だな」
「うわ。感じ悪い~~」

と、ふとよぎったときに、

「いやいや、そんな風に思っちゃいけない」
「そんな風に思う私がおかしい」
「意見したら、相手を嫌な気持ちにさせちゃう」
「とりあえず私が我慢すれば、波風立たないし」

とか、自分に言い聞かせて、自分を納得させてしまったりしませんか?

本来の自分が埋もれて見えない

ふと感じた違和感を、なかったことにしていませんか?

「今、自分は、嫌だと思っている」
「今、自分は、ちょっと違うと感じている」

という、自分の感情を大切にして、優先してあげることって、実はとても大切なのです。

大人になるにつれて、いろいろな経験を積んでいる分、自分流の対処の仕方として、身に着けた護身術であったりするのですが、自分の「しっくりこない」感情をそのままにしていると、いつもいつもそうしていると、違和感をなかったことにする癖がついて、本来の自分が埋もれて見えなくなってしまいます。

でも、奥底の自分では違和感を感じていますので、どこか不快で燻り続けます。

そういう小さな燻りが、いつか大きな炎となって、大抵の場合は、心身の不調として表面化されます。
精神的な疾患(うつ病など)は、感情を抑圧することに よって生じると言われます。

自分がどう感じているかを知ることは、自分の健康に直結しているのです。

kaboompics.com_Woman's hand holding a pencil

自分自身に正直に生きる

違和感を感じたならば、その場で言ってもいいですし、言えない(言わない方がいい)大人の事情があったりするのならば、自分自身で視覚化してあげることをお勧めします。

紙に書きだす、スマホのメモに書き出す、など、まずは自分が感じたことを目で見て、
「ああ、自分はこう感じているんだ」
と、気づいてあげて下さい。受け入れてあげて下さい。
決して、流してしまわないで下さい。なかったことにしないで下さい。

自分が、自分自身に正直に生きる。
自分がどう思っているか、自分がどう感じているか、常にそれを意識して、優先してあげる。
これが「自分を大切にする」、という基本なのです。

自分の違和感を大切にして、認めてあげることで、自分を大切にする力はついていきます。

まずはここから、「自分を大切にするトレーニング」、始めてみましょうか。

The following two tabs change content below.
須藤 有紀

須藤 有紀

須藤有紀(職業:メンタルコーチ)  夫と大学生の2人の娘と4人家族。 ワーキングマザーとして大手電機メーカーに26年間勤務。会社や地域のコミュニティで、多くの人と関わる中で、自己肯定感の有無が、その人の人生の幸福度に大きな影響を与えていることに気づく。自己肯定感こそ、幸せの鍵。その大切さを伝えることを第二の使命として退職。現在プロコーチとして活動中。 アドラー心理学をベースにしたコーチングで、子育て中のお母さんの心配や不安を払拭し、自信を持って子育てでき、ご自身の人生も最高に心豊かに歩いていけるよう、全力でバックアップしています。さらに詳しくはこちら。

セミナー情報