季節の移り変わりを感じていたい

季節の移り変わりを感じていたい

今日は北風が強くて寒い一日でしたね。

なんだか、12月もあっという間に過ぎてしまいそう・・

そういえば、ついこの間「ずいぶん日が暮れるのが早くなったなぁ」と秋を感じたばかりなのに、一気に冬が来たような気がします。

下の2枚の写真は、ほんの数日前に同じ位置から撮った写真です。
駅前の銀杏も、みるみる黄色く色づき、葉を落とし始めました。

 

IMG_3912

 

 

 

IMG_3948

秋の夜長はリラックスタイム

季節の移り変わりの中で、気持ちが外へ広がっていく季節と、内へ入っていく季節があるそうです。

夏至は一年で最も昼が長く、夏至を過ぎると畳の目ほど少しづつ、昼が短くなっていき、秋分の日あたりから、夜の方が長くなりますね。

「秋の日はつるべ落とし」というように、あっという間に日が暮れるようになり、じっくり 秋の夜長を楽しめる季節となります。

ぬるめのお風呂にゆったり長めに入ってリラックスしたり、小さいお子さんがいらっしゃるお母さんは、早めにベッドに入って、読み聞かせをひとつ多くしてあげるのもいいですね。

絵本や童話の読み聞かせは、子供の右脳の発達と心の発達を促します。
子供は、聞いたお話しを頭の中で映像化して、想像力豊かに、感性が磨かれていきます。

朝起きられない・・

そして、木枯らしが吹いて、北からの雪の便りも届き始めると、間もなく冬至を迎えます。
冬至は一年で最も昼が短く、そこから畳の目ほど少しづつ、昼が長くなっていき、春分の日あたりから、昼の方が長くなります。

今頃は確かに、朝、明るくなるのが本当に遅いです。
暗いのと、寒くてお布団がぬくぬく気持ちいいので、朝が起きられない日が続出してます。
困る・・

実際、メンタルヘルス的にも、冬季は倦怠感、気力低下、眠くて仕方ない、などの症状が出やすい季節とされています。

これは、寒さを乗り切るために、エネルギーを蓄えようとする、身体の生理的な現象ですが、日照時間に関係しているとも言われています。

冬季は日照時間が短く、日照量も少ないので、できるだけ太陽の光を浴びることで、目から脳に信号が伝わり、睡眠に関係するホルモンの分泌が抑制され、体内時計が調整されますので、意識的に太陽の光を浴びることをお勧めします。

日々忙しく、「もう水曜日」「やっと週末!」「また月曜日(>_<)」 と繰り返しているうちに、あっという間に季節が移り変わってしまいます。
そんな中、ふと立ち止まって、季節の移り変わりを感じる、そんな一瞬を大切にしたいです。

ps. 冬季は甘いものが食べたくなる季節でもあるのだそうです(冬季に限らないんだけど・・)
お友達とnana’s green tea たまプラーザテラス店にて

IMG_3962

The following two tabs change content below.
須藤 有紀

須藤 有紀

須藤有紀(職業:メンタルコーチ)  夫と大学生の2人の娘と4人家族。 ワーキングマザーとして大手電機メーカーに26年間勤務。会社や地域のコミュニティで、多くの人と関わる中で、自己肯定感の有無が、その人の人生の幸福度に大きな影響を与えていることに気づく。自己肯定感こそ、幸せの鍵。その大切さを伝えることを第二の使命として退職。現在プロコーチとして活動中。 アドラー心理学をベースにしたコーチングで、子育て中のお母さんの心配や不安を払拭し、自信を持って子育てでき、ご自身の人生も最高に心豊かに歩いていけるよう、全力でバックアップしています。さらに詳しくはこちら。

セミナー情報