自己肯定感を簡単にチェックできるポイント

自己肯定感を簡単にチェックできるポイント

「私って自己肯定感、高いかな?低いかな?」と、友人から聞かれることが増えてきました。

自己肯定感の高低をチェックする、一番のポイントは「負の感情になりやすいか、どうか」です。
「負の感情」とは「嫌な気持ち」ですが、例えば、「怒り」「恐れ」「失望」「 妬み」「孤独感」「 憤り」「 混乱」「 不安」「 焦り」、、、
などでしょうか。

「怒り」の奥に潜む感情

その中でも代表的なのは「怒り」です。

「怒り」の定義は

「自分自身の気持ちや身体を、物理的、社会的に攻撃されたり、侵害されたと感じたことによって生じるネガティブな感情」

とされています。

「怒り」とは、心理的な自己防衛の状態で、自分が危機的な状況に陥ったときに、自分の心がおかしくならないように、心そのものが色々な手段を使って、自分の心を守ろうとしているのです。

怒りの感情の奥に見えてくるものには、「わかって欲しかったのに、わかってもらえなかった」「助けて欲しかったのに、助けてもらえなかった」「大切にして欲しかったのに、大切にされなかった」など、実は深い落胆や悲しみが潜んでいるのです。

人は、自分自身が傷つく ことを恐れ、がっかりした気持ちや、悲しい気持ちや、寂しい気持ちを感じないように、「怒り」という感情をつかって、この本当の感情を隠してしまおうとするのです。

gatag-00014136

怒りは愛と共感を求めているから

しかし、負の感情を感じないように、見ないように、蓋をしてしまうと、反対にさらに膨らんでしまうものなのです。
不安や怒りや寂しさを感じている自分の心は、どんなに「感じないように」「なかったことに」しようとしても、絶対になくなることはありません。

自分の中にある、愛と共感を求めている感情だからです。

有効なのは、怒りや不安や寂しさが出てきたら、「ああ、今怒っているんだね」「ああ、今不安なんだね」「ああ、今寂しいんだね」と、自分が感じている感情をそのまま受け入れてあげます。
自分の中に、その感情があることを認めて、受け入れるだけでいいのです。

gatag-00006741

自己肯定感が高い人は

自己肯定感が高い人は、物事を肯定的に捉えられますので、よい側面を見つけることができます。
「わかってくれない」と自分が否定された気持ちになったり、「助けて欲しい」と自分から言えなかったりすることが基本ありません。

そして、他者に対して尊重や信頼がありますので、「人それぞれの価値観や考え方がある」と思えたり、素直に助けを求められるので、「怒り」に達することが少なくなるのです。

自己肯定感が高い人は、「自分をそのまま受け入れる」ことが普通のことなので、負の感情が湧いてきても、蓋をすることをせずに、「怒り」に潜む「わかって欲しい」「助けて欲しい」という感情を認めそのまま受け入れてあげられるのです。

そうは言っても、自己肯定感の状態は、そのときの状況や環境によって多少の違いはありますので、もちろん「怒り」「恐れ」「失望」「 妬み」「孤独感」「 憤り」「 混乱」「 不安」「 焦り」などの負の感情は湧きます。

それでも、その気持ちを長く引きずることなく、スっと抜けられるというのも、自己肯定感の高い人の特徴です。

The following two tabs change content below.
須藤 有紀

須藤 有紀

須藤有紀(職業:メンタルコーチ)  夫と大学生の2人の娘と4人家族。 ワーキングマザーとして大手電機メーカーに26年間勤務。会社や地域のコミュニティで、多くの人と関わる中で、自己肯定感の有無が、その人の人生の幸福度に大きな影響を与えていることに気づく。自己肯定感こそ、幸せの鍵。その大切さを伝えることを第二の使命として退職。現在プロコーチとして活動中。 アドラー心理学をベースにしたコーチングで、子育て中のお母さんの心配や不安を払拭し、自信を持って子育てでき、ご自身の人生も最高に心豊かに歩いていけるよう、全力でバックアップしています。さらに詳しくはこちら。

セミナー情報