親の役割、見直していますか?

親の役割、見直していますか?

完全保護期の赤ちゃん

我が子が無事に生まれて、感動と安堵に包まれたのもつかの間、お母さんは寝不足との戦いが始まります。
生後3ヶ月くらいまでは、2、3時間おきの授乳とおむつ交換の日々です。

赤ちゃんは、完全に依存している状態で、大人の保護がなくては生きてはいけません。

お母さんは、赤ちゃんの生理的欲求に全力でこたえ、抱っこして、おっぱいをあげて、おむつを交換し、見つめあい、優しく語りかけ、スキンシップをとります。

この時期のお母さんの献身的なお世話こそ、赤ちゃんの人格形成に大きな影響を与え、自己肯定感のベースを作っていく上でも、とても大切です。

125710155_3774c291f0

親の役割を見直す時期

1歳を過ぎる頃には、寝返り、おすわり、ハイハイ、立っち、ができ、そして歩くようにもなります。
何もできなかった赤ちゃんが、ただかわいいだけの存在ではなく 、日に日に動きが活発になっていくと、同時に危険なことも増えていきます。
「~しちゃダメ」「~しなさい」と言うようになるのも、この頃でしょうか。
2~3歳にもなると、言葉を話し、活動範囲もどんどん広がっていくと、ますます「ダメ」「しなさい」が多くなり、子供を守ろうとします。

そしてやがて、もう子供が、保護や支配だけでは通用しない年齢に突入しても、親は気づかず、子供を保護することが愛情であると思い込み、「保護・指示・命令」を続けようとします。
それこそが自分の使命だと勘違いし、子供の自由を奪い、子供を「できないままの存在」として扱い、子供自身の成長を妨げることをしてしまいます。

お母さんの「親の愛情」という大義名分のもとに、保護・支配され、いつまでも「できない子」として育ててしまうことになるのです。

親が「保護者」「支配者」でい続ける限り、子供は「できない子」の役割をいつまでも背負わされているのです。
それが、家族の中での自分の役割だと理解し、そのように存在するしかないからです。

CE1022_R1

子供をよくみて、親も一緒に成長する

子供の成長をよく見て、子供の成長と共に親も成長し、親の役割を考え、対応を変えていくことが大切です。

子供の「自己肯定感」を育てるためには、何もできなかった赤ちゃん時代の、完全保護していた役割を、親が終わりにしなければなりません。

次の親の役割は、子供を「できる子」として応援することです。
子供がやろうとすることを、先回りしてやってしまわずに、心配はありながらも、ぐっとこらえて、手を出さずに見守ることです。
保護期を過ぎた子供に、次に親がやるべきことは「見守り、応援する」ことです。

我が子を「できる子」として見守り、子供が求めてきた時には、いつでもサポートしてあげる。
自立に向けて歩き出した子供が、時に不安になって振り返ったときに、親はいつでも後ろで見守ってくれている。
そういう親子関係が、子供の自己肯定感を育み、安心して、いつか本当の自立をしていくことができるのです。

The following two tabs change content below.
須藤 有紀

須藤 有紀

須藤有紀(職業:メンタルコーチ)  夫と大学生の2人の娘と4人家族。 ワーキングマザーとして大手電機メーカーに26年間勤務。会社や地域のコミュニティで、多くの人と関わる中で、自己肯定感の有無が、その人の人生の幸福度に大きな影響を与えていることに気づく。自己肯定感こそ、幸せの鍵。その大切さを伝えることを第二の使命として退職。現在プロコーチとして活動中。 アドラー心理学をベースにしたコーチングで、子育て中のお母さんの心配や不安を払拭し、自信を持って子育てでき、ご自身の人生も最高に心豊かに歩いていけるよう、全力でバックアップしています。さらに詳しくはこちら。

セミナー情報