幸せは、いつでも自分次第

幸せは、いつでも自分次第

こんなにも必要とされている

お母さんは、子供が生まれると、その瞬間から、自分の時間が突然なくなってしまいます。
2時間おきの授乳とおむつ交換で1日が過ぎていき、昼も夜も関係ない生活が始まります。

お母さんは、常に全身の神経を赤ちゃんに向けて生活していて、寝ている赤ちゃんが「クスン」と、寝息ひとつ立てただけで目を覚まします。
夜中に、授乳もおむつも終わっているのに、それでもずっと泣き続ける赤ちゃんを抱っこして、あやすこともしばしばあります。
それなのに、この状況で寝続けいる夫を、「あり得ない?!」「信じられない?!」という驚きの気持ちで、見下ろしたりすることもたびたびあります(笑)

夜泣きの時期が過ぎても、離乳食、検診、児童館や公園へ連れて行ったり、ぐずる赤ちゃんをおんぶしながら夕飯の支度をしたり、毎日毎日、片ときも赤ちゃんと離れることはありません。
本当に大変だと思います。お疲れさまです。

それでも頑張れるのは、赤ちゃんが笑顔で応えてくれるから。
ママじゃないと嫌!と言って泣いて、ママが抱っこしたとたん安心して泣き止むから。
「ママ、ママ」と、こんなにも自分を必要とされることがあったでしょうか。

こんなにも無償の愛で愛されることがあったでしょうか。

lovely-babies-images-and-wallpaper-9

幸せかどうかは自分次第

「子供に自分の自由を拘束されている」「子供の存在があるから、自分は人生を楽しめていない」などと、不満に思ったりすることがあるかもしれません。

「お母さんである前に、一人の女性でありたい」と思うこともあるかもしれません。

このように「子供に縛られて、自分は幸福でない」と考えてしまうと、お母さん自身の毎日が辛いものになってしまいます。

自分の人生は自分次第です。
すべては、自分の物事の捉え方次第だということに気がつくだけで、日常は一変します。

そして、そのためには、ほんの少しの努力とほんの少しの工夫が必要なのかもしれません。

当たり前を当たり前と思わない

子供がいなかったらまた違う生活だったことは間違いないですね。
どちらがよかったでしょうか?

「そりゃあ、いた方がいいに決まってる」という声が聞こえてきますが、では、その生活を不満に思わないためには、どうしたらいいのでしょうか?

  • 当たり前のことに感謝する
  • 「今、ここ」に感謝できる

人はみな、「あたりまえ」と思っていることには関心が向きません。
「あたりまえ」だからです。

ほんの少しの努力と、ほんの少しの工夫とは、「当たり前」を「当たり前と思わない」ことです。
それだけです。

それだけなのだけど、意外にも難しかったりします。
努力が必要だったりします。
努力というより訓練でしょうか。
「当たり前を当たり前と思わない力」を身につけていく訓練です。

そしてこのことは、自分の幸せに直結しています。
「自分で自分を幸せにできる力」と言ってもいいかもしれません。

母としての幸せと喜びを、大きくしていく。
母としての喜びをもっと大切にしていく。

幸せとは、そういうことなのかな、と思います。

幸せは、人から与えられるものではなく、いつでも自分次第なのです。

The following two tabs change content below.
須藤 有紀

須藤 有紀

須藤有紀(職業:メンタルコーチ)  夫と大学生の2人の娘と4人家族。 ワーキングマザーとして大手電機メーカーに26年間勤務。会社や地域のコミュニティで、多くの人と関わる中で、自己肯定感の有無が、その人の人生の幸福度に大きな影響を与えていることに気がづきました。自己肯定感こそ、幸せの鍵。その大切さを伝えることを第二の使命として退職。現在プロコーチとして活動中。 アドラー心理学をベースにしたコーチングで、子育て中のお母さんの心配や不安を払拭し、自信を持って子育てでき、ご自身の人生も最高に楽しめるよう、全力でバックアップしています。さらに詳しくはこちら。

セミナー情報