子供を心配してしまうのが親というもの?!

子供を心配してしまうのが親というもの?!

生まれてしばらくは、体の発達・発育を心配して、言葉が出るのが遅い、だったり、お友達と上手く関われるか、だったり、小学校になると成績やら何やら、子供がいくつになっても、その時々の心配があり、親の悩みは尽きないですね。

心配してあげられるうちが花、なのかもしれません。

子供はいつでも、親に対してこんなことを思っています。

  • 愛されたい
  • 褒められたい
  • 認められたい
  • 役に立ちたい

小さければ余計にストレートにその思いは強いです。
それと同時に、子供は親の幸せを一番に願っています。

親が自分を心配しすぎている場合、それを敏感に感じ、罪悪感を持ちながら生きてしまいます。
子供は小さいほど、親が心配をしないように、親の心配を払拭するように、親が笑顔になれるように、親が安心できるように、自分が頑張ってしまいます。

我が子を思うあまり、必要以上に心配しすぎて、子供の伸びようとする芽をつまないようにしたいですね。

gatag-00013816

コツコツと子供のいい面を見つける努力を

人はどうしても「できている面」よりも「できていない面」にフォーカスしがちなものです。
子供の「できていない面」を見つけては、それを直すことを繰り返すよりも、「できている面」をすごいね!こんなこともできるのね!と喜んであげる方が、子供の心の発達にどれだけの違いがあるでしょうか。

子供の良い面をみるためには、努力と意識することが必要です。

まず、我が子の心配だと思うことを、10個ほど紙に書き出してみましょう。
そして、それを無理やりでもいいので、良いことに書き換えてしまいます。

  • 喜怒哀楽が激しい → 感受性豊か
  • 落ち着きがない → 好奇心旺盛、活動的
  • 気が強い → 自己主張がハッキリできる
  • 気が弱い → ひかえめ、やさしい、おっとりした
  • しつこい → ねばり強い、意志が強い
  • おとなしい → 思慮深い、思いやりがある
  • 飽きっぽい → 好奇心旺盛、興味の範囲が広い
  • 動作が遅い → マイペース、自分時間が流れている
  • 怖がり、消極的 → 慎重さ
  • あまり友達と交わりたがらない → 自分で楽しむことが好き
  • やるべきことをやらない → 楽観的、神経が図太い

子育てに限らずですが、すべての物事にはよい面と悪い面があります。
そして、「よい面」と「よくない面」は見る角度が違うだけなのです。

私たちが「どう捉えているか」だけのことなのです。
子供の中に、親がどちらを見るかで、無意識にその子に対するメッセージが変わってきてしまいます。
「できない子」「心配な子」というメッセージを発しながら関わっていると、子供自身が「自分はできない子」「だめな子」と刷り込まれ、自信を持つことが難しくなります。
子供自身のセルフイメージが下がってしまいます。

とはいえ、心配することも親としての性分だったりしますので、不必要に心配しないように、ほんの少し意識するだけでよいのです。
心配しすぎているな、と思ったら、自分の思考パターンを書き換えてみて下さいね。

38421

心配や不安になるより、今の幸せを感じる

我が子を心配してしまうのは、親の愛情のひとつであり、どうにも避けられないものがあるようです。
そして、子供の「できている面」より「できない面」に目がいってしまうのも、親とはそういうもののようです。

「心配しないようにしよう」「大丈夫」と、何度も自分に言い聞かせても、見ないフリ、考えないフリをしても、それはあくまでも「フリ」に過ぎません。
不安なものは不安だし、心配なものは心配です。
一時は気持ちも軽くなるかもしれませんが、また元に戻ってしまったりします。

そんな時は、自分の不安や心配を掘り下げてみると、漠然としたものから解放されたりします。
自分が本来望んでいるものが見えてきたりします。

なんで心配なんだろう?
何が心配なんだろう?

意外にも、自分の都合で子供に心配を見出してしまっていたりするものです。

我が子の「できていないこと」ばかりに目がいっていると、必要以上に心配や不安が大きくなってしまい、育児をますます大変なものに感じ、ストレスになって、根本にある「生まれてきてくれてありがとう」という思いを薄れさせてしまいます。

すべては「自分の捉え方次第」だということを知りましょう。

お母さん自身が、幸せに子育てをする肝は「自分の物事の捉え方」なのです。

The following two tabs change content below.
須藤 有紀

須藤 有紀

須藤有紀(職業:メンタルコーチ)  夫と大学生の2人の娘と4人家族。 ワーキングマザーとして大手電機メーカーに26年間勤務。会社や地域のコミュニティで、多くの人と関わる中で、自己肯定感の有無が、その人の人生の幸福度に大きな影響を与えていることに気がづきました。自己肯定感こそ、幸せの鍵。その大切さを伝えることを第二の使命として退職。現在プロコーチとして活動中。 アドラー心理学をベースにしたコーチングで、子育て中のお母さんの心配や不安を払拭し、自信を持って子育てでき、ご自身の人生も最高に楽しめるよう、全力でバックアップしています。さらに詳しくはこちら。

セミナー情報