「自己肯定感」は、幸せな人生を生きるために絶対必要な感覚です

「自己肯定感」は、幸せな人生を生きるために絶対必要な感覚です

自分を受け入れ、大切に思える感覚

自己肯定感とは、自分のいいところも悪いところも、ポジティブもネガティブも両方の自分を受け入れて、「これが私」「これも私」「このままの私でいい」「そんな私って悪くない」「そんな私が好き」と、自分を認め大切に思える感覚です。

この感覚は、自信とはまた違って、もっと深いところにベースとしてあるもので、これが自分を信じる力となり、楽観的な思考を生み、わくわくする意欲の源となり、困難を乗り越えていける力になるのです。

相互信頼の関係を築く

また、その感覚があると、自分を大切に思うのと同様に、他者のことも尊重し大切にできるので、相互信頼の関係を自然に築くことができます。

「自己肯定感」という言葉を知ったのは最近のことなのですが、20年近く前に、親友が鬱になったのをきっかけに、その感覚の大切さに気がつきました。当時、私は子供が生まれたばかりでしたので、どうしたらそれが育まれるのかわからないながらも、我が子には、勉強ができるとか、何ができるかよりも、まずはその感覚を持つ人になって欲しいと願っていました。

人生を楽にタフに歩んでいける

自己肯定感があれば、人生を楽にタフに歩んでいくことができます。

「これが私ですけど、なにか?」みたいな感じで、どっしり構えていられます。多少のことでは心が揺らぎません。揺らいでもまたすぐに戻ってこれます。

IMG_3620

私はこの感覚の大切さを広く伝えていきます

自己肯定感があるかないかで、人生の質に大きな違いが生まれます。そんな大切なベースとなる感覚を、高めていくことのお手伝いをしています。まずは自分を大切に。そしてそれが他者に広がっていくといいですね。

そして、家庭、地域、学校、社会が、お互いを受入れ、安心していられる、居心地のいい場所になることを願っております。

The following two tabs change content below.
須藤 有紀

須藤 有紀

50歳からのセカンドステージ専門コーチ  1989年ソニー株式会社入社。管理部、財務部を経て秘書へ。 親友の鬱をきっかけに、自己肯定感を高め幸福度の高い日本社会を作りたいという想いを抱き、26年の会社員生活にピリオドを打ち退職。 2016年、世界最高水準のプロコーチ養成スクールで、平本あきお氏、宮越大樹氏に師事。 アドラー心理学をベースにしたコーチングと、NLP、幸福学研究を取り入れた独自のメソッドで、自分の魅力と可能性に気づき、制約のない第二の人生を実現するWell-beingな生き方を一緒に叶えている。株式会社チームフロー認定コーチ  さらに詳しくはこちら。

セミナー情報 

須藤 有紀
50歳からのセカンドステージ専門コーチ  1989年ソニー株式会社入社。管理部、財務部を経て秘書へ。
親友の鬱をきっかけに、自己肯定感を高め幸福度の高い日本社会を作りたいという想いを抱き、26年の会社員生活にピリオドを打ち退職。
2016年、世界最高水準のプロコーチ養成スクールで、平本あきお氏、宮越大樹氏に師事。
アドラー心理学をベースにしたコーチングと、NLP、幸福学研究を取り入れた独自のメソッドで、自分の魅力と可能性に気づき、制約のない第二の人生を実現するWell-beingな生き方を一緒に叶えている。株式会社チームフロー認定コーチ 
さらに詳しくはこちら。