「改める」2015年 私の今年の一字

「改める」2015年  私の今年の一字

大晦日ですね~~
今年もあっという間に過ぎてしまいました。という方も私以外にも多いのではないかと思います。
あまりにも早すぎて、いろいろなことを味わい尽くせないまま、過ぎてしまうことが、何となく寂しい気がしています。
ホント、こんなに早くていいのでしょうか。

_21088844

「改」という一文字

先日、所属するゴスペルクワイア(多摩ラブ)の忘年会で、「今年を漢字一文字で表すと?」という問いに、一人づつコメントしました。

私は何だろう??と考えたところ、何といっても2015年は、長らくお世話になった会社を退職したことが大きな出来事でした。
私にとって久しぶりに訪れた大きな変化となりました。

それで「変化」の「変」かなぁ?とふとよぎりましたが、「変化」というよりは「改まる」という方がしっくりくるので「改」という一文字にしました。

生活が改まったことはもちろんあるのですが、それ以上に、改めていろいろと感じたことがたくさんありました。

会社や職場の人たちに恵まれて、会社生活を送れたことに、改めて感謝の気持ちでいっぱいです。
応援してくれる親戚・友人たちに、改めて感謝しています。
そして家族に、改めて感謝を感じています。

今までも、感謝の気持ちは持っていましたが、今年は改めて深く思うことが多かったですね。

「改める」というと、「一からやり直す」という意味もありますし、そうイメージされる方もいるかもしれません。
私が思う「改める」とは、今までのものにさらに追加されるイメージです。
「改良」とか「よりよく」みたいな、そういうイメージの「改」です。

今までの私自身を大切な基盤としつつ、さらに機能をつけ加え、また違う形で人様のお役に立てたらいいな、と思っております。

「自己肯定感」の大切さを伝える活動をすることで、大人も子供も心豊かに生きていける社会を目指します。

2015年、ありがとうございました。
そして、来年もどうぞよろしくお願いいたします。

iStock_000033335502_Small

The following two tabs change content below.
須藤 有紀

須藤 有紀

須藤有紀(職業:メンタルコーチ)  夫と大学生の2人の娘と4人家族。 ワーキングマザーとして大手電機メーカーに26年間勤務。会社や地域のコミュニティで、多くの人と関わる中で、自己肯定感の有無が、その人の人生の幸福度に大きな影響を与えていることに気づく。自己肯定感こそ、幸せの鍵。その大切さを伝えることを第二の使命として退職。現在プロコーチとして活動中。 アドラー心理学をベースにしたコーチングで、子育て中のお母さんの心配や不安を払拭し、自信を持って子育てでき、ご自身の人生も最高に心豊かに歩いていけるよう、全力でバックアップしています。さらに詳しくはこちら。

セミナー情報