自分の真似をされることについて

自分の真似をされることについて

ベビーカーやベビー服、持ち物がママ友と偶然にも被っちゃうことってありますよね。
最初は「あら同じ!趣味が同じなのねー」と喜んでいたのに、ふと気づくと、あれ、これも?あれも?みたいな。この前話題にしたグッズを、数日後には持っている、とか、同じ習い事を始めていた、など。
さらには、ベビーちゃんの物だけでなく、ママのバックやコートまで、いつの間にか真似されている!?なんてこと、ありませんか?

illust1238

憧れている人に近づきたいだけ

人にマネをされるのって、正直とても嫌な気持ちがするものですね。
「そんな風に思っちゃいけないかな」「こんなこと思う自分って心が狭いのかな」などと思う必要は全くありません。
せっかく自分が見つけた大切なもの、自分の大切な価値観を横取りされるような気持になるからです。
自分のオリジナリティだと思っているものは、ある意味自分の存在証明なので、それを侵害されたように感じるのです。

真似された方は、なんだか不快でイライラしますが、真似しているご本人は、全く悪気なくしていることが多いのです。

「憧れている」人に、少しでも近づきたいだけなのです。
人は誰でも、心理学用語で言う「同一化」「同一視」という防衛機制を持っています。
好意をもっている相手や尊敬する人、気になる人の真似をしたがる性質があり、同じようになりたいという心理が強く働き、似たような髪型や服装、口調やしぐさを真似ることで、より親近感を感じようとするのです。
好きな芸能人などのア服装や髪形を真似ることがそれです。

あなたが「いい」と言うものに絶対的な価値と信頼をおいているのです。

そうは思っても嫌なものですけどね。
せめて、「これ真似して買っちゃった」とか「同じお教室に申し込もうと思うんだけど」など、一言あれば気もおさまるのですが、コソーっといつの間にかやっている。。

大切なのは、マネされている事実を自分がどう捉えるか

真似されることで、不快な気持ちを持ち続けているのは、その人の影響下にいることになります。
不快な気持ちを持ち続けますか?手放しますか?手放すことができるのも自分次第です。

真似されるということは魅力があるということです。
怒りや被害者意識の負の感情ではなく「自分は魅力的なんだ」というますますの自信にしてしまいましょう。

それでも嫌なものは嫌であれば、距離を置くのが一番ですが、お付き合いせざるを得ない人の場合は、「真似された」と思うと腹が立つので、真似される前に「これいいよ~ お薦めよ!」くらいなことをケロっと言ってしまってもよいかもしれません。
次に会った時に同じものを持っていたら「どう?とってもいいでしょ!」と共有してあげます。
いつでも、憧れの存在として、その人の前を走り続ければいいのです。

ココ・シャネルはこんなことも言っています。
「コピーされることは賞賛と愛を受け取ること」
※参考文献 (ココ・シャネルという生き方 山口路子著 新人物文庫)

すべての事柄に共通することですが、自分がどのように物事を捉え、どう対応するかは、すべて自分でコントロールできるのです。負の感情は自分でいくらでも変えていけるのです。

The following two tabs change content below.
須藤 有紀

須藤 有紀

須藤有紀(チームフロー認定コーチ)  夫と大学生の2人の娘と4人家族。 ワーキングマザーとして大手電機メーカーに26年間勤務。会社や地域、学校など、様々なコミュニティで、様々な立場の多くの人と関わる中で、自己肯定感の有無が、その人の人生の幸福度に大きな影響を与えていることに気づく。自己肯定感こそ、幸せの鍵。その大切さを伝えることを第二の使命として退職。現在プロコーチとして活動中。 アドラー心理学をベースにしたコーチングで、子育て中のお母さんの心配や不安を払拭し、自信を持って子育てでき、ご自身の人生も最高に心豊かに歩いていけるよう、全力でバックアップしています。さらに詳しくはこちら。

セミナー情報