人の心配をする裏に隠されているものとは?

人の心配をする裏に隠されているものとは?

同じ話を聞いても、話の内容にどんな反応をするかは人それぞれですね。
例えば、人づてに、学生時代の友達が会社を辞めて、まだ次の転職先が決まっていないと聞いた時、
Aさんは「新しいことにチャレンジするんだね!」「しばらく充電期間なんだね」
という発言になるところ、
Bさんは「会社で何かあったのかな。」「次の就職先決まっていなくてさぞ不安だろうね。」となるのです。

これは、AさんとBさんの脳内の情報の違いによる反応です。
ポジティブ思考、ネガティブ思考ということになるのですが、要はそれぞれの人が持っている、無数の情報からイメージして咄嗟に反応しているだけなのです。

脳内の情報がポジティブなものが多い人は、その情報を使って無意識にポジティブな捉え方になるし、ネガティブな情報を多く持っていれば、無意識にネガティブな捉え方になるのです。

起こっている出来事自体には、ポジティブもネガティブもないのですが、それに意味を持たせるのは、あくまでも「その人の脳内にある情報」ということになるわけです。

「投影」の心理が働くとき

心理学では、自分が無意識に持っている感情を、自分ではなく、相手が持っているように感じることを「投影」と言います。
「抑圧された感情が、他人の中に投影される」という状態であるわけですが、
自分にとって望ましくない感情が、自分の中に存在していることを、認められないことが原因で起こります。

例えば上の会話の場合は、Bさん自身が
・会社を辞めたくなるほどの問題を抱えていいる
・職がなくなったらどうしようという不安を常に抱えている
ということになります。

「会社を辞めた」=「何か問題があったに違いない」
「無職だ」=「不安で仕方ないに違いない」と、自分自身を投影して見ているのです。

昨日のブログにも書きましたが、(自己肯定感を高めるには、「自分に後ろめたいことがない」ことが絶対条件 | 心豊かに歩こう
ここでも、自分の本当の気持ちを知ることと、認めることが大切なのです。
「これって投影かも?」と、相手に投影していることに気づくことが大切なのです。

「自分を知る」というのは、簡単なようで、意外に難しいことなのかもしれませんね。

The following two tabs change content below.
須藤 有紀

須藤 有紀

須藤有紀(職業:メンタルコーチ)  夫と大学生の2人の娘と4人家族。 ワーキングマザーとして大手電機メーカーに26年間勤務。会社や地域のコミュニティで、多くの人と関わる中で、自己肯定感の有無が、その人の人生の幸福度に大きな影響を与えていることに気がづきました。自己肯定感こそ、幸せの鍵。その大切さを伝えることを第二の使命として退職。現在プロコーチとして活動中。 アドラー心理学をベースにしたコーチングで、子育て中のお母さんの心配や不安を払拭し、自信を持って子育てでき、ご自身の人生も最高に楽しめるよう、全力でバックアップしています。さらに詳しくはこちら。

セミナー情報