それって本当に「ずるい」こと?

それって本当に「ずるい」こと?

「幼児が公平・不公平をどのように捉えているか」に関する、4~5歳児を対象に行った調査では、5歳頃になると「ずるい」という概念がハッキリして、正しい使い方ができるようになる、という報告結果があります。
そして、5歳児が最も「ずるい」と感じるのは、「独占」に対してでした。
遊具を独占して他の子に譲らない。
二つあるシャベルを両方とも独占して砂場遊びをする。
このような「独り占め」する行為に対して、5歳児は強く「ずるい」と感じるようです。
次に「先を越されたこと」に対して、「私が先に見つけたのに!」「今やろうと思ったのに、あとから来た○○ちゃんがやってしまった」というようなことで、「ずるい」と感じるようです。

調査は幼稚園・保育園内の活動に対するものでしたが、家の中では兄弟姉妹の間で「ずるい!」という言葉が飛び交うこともよくあるような気がします。
兄弟でお菓子を二等分する時、兄が自分の方を気持ち大きめに切って、小さい方を弟に渡すと「お兄ちゃんの方が大きくてずるい!」ということになります。
「ずるい」は、何らかのインチキや不正的な行為により、不平等が生じている場合に使用される言葉ですね。

「お姉ちゃんだけ、いつも新しい物を買ってもらってずるい!」どうやら、これもよくありそうなケースです。
お姉ちゃんが何かインチキや不正をしたわけではないですが、お下がりの多い下の子が「ずるい」と思う気持ちはよくわかる気がします・・

img09

大人が「ずるい」と思う時

大人になっても、もちろん「ずるい」って思うこと、ありますよね。

  • ダイエットとは無縁の、食べても太らない体質の人
  • 感がよくてすぐコツをつかむ人
  • 親から資産を受け継いで遊んで暮らしている人

こんな人が近くにいたら思わず「ずるーい!」って、言ってしまいそうです。
が、この場合の「ずるい」は、本来持つ意味というよりは、「いいなぁ~」「うらやましいなぁ~」という意味合いで使っている感じでしょうか。

自分には叶わぬ(できない)ものだと思っていることを、他の人が事もなげにやったりすると「ずるい」と感じるようです。

それから、調子よくてちゃっかりしていたり、強引に自分の要求を通してしまえたり、甘え上手だったり、努力せずにいい思いをしたりする人を見ると、それができない人は「ずるい」と思うのかもしれません。

その場合、自分のこのような思い込みや囚われが、大きく影響していたりするのです。

  • きちんと筋を通さないといけないのに
  • 相手が嫌な気持ちになるようなことはしてはいけないのに
  • 人に甘えてはいけないのに
  • いい思いをするためには努力しないといけないのに

など、自分自身の強い思い込みや囚われがあると、それを平気でやってのける人に「私は我慢しているのに、あの人はずるい」という不公平感が湧くのです。

photo-1440942788614-7429a62bc8d0

それって本当にずるいの?

できるものなら自分だってそうしたいのに、それができない。勇気がない。

自分ができないでいたり、我慢していることを、他の人がいとも簡単にやってしまって、しかもそれでいい結果を手に入れた時、不平等だと感じて「ずるい」ということになるようです。

「あの人は何も我慢していないのに、それなのにいつもいい思いをしてずるい。」
「私はこんなに我慢しているのに、いつも自分ばかりが損をしてる気がする。」

でもこれって、相手が何かインチキや不正行為をしたわけではありませんよね。
おそらく、単にちゃっかりした性格であったり、強引であったり、甘え上手な人であったり、努力を努力に見せない人だったりするだけだと思うのです。

自分自身にインプットされている「○○しないといけない」を、「当然相手もそうであるべき」「できないならば我慢すべきだ」という価値観を、相手に押し付けて、「ずるいずるい」と言っているのだと気づくだけで、ふと楽になったりするかもしれません。

The following two tabs change content below.
須藤 有紀

須藤 有紀

須藤有紀(チームフロー認定コーチ)  夫と大学生の2人の娘と4人家族。 ワーキングマザーとして大手電機メーカーに26年間勤務。会社や地域、学校など、様々なコミュニティで、様々な立場の多くの人と関わる中で、自己肯定感の有無が、その人の人生の幸福度に大きな影響を与えていることに気づく。自己肯定感こそ、幸せの鍵。その大切さを伝えることを第二の使命として退職。現在プロコーチとして活動中。 アドラー心理学をベースにしたコーチングで、子育て中のお母さんの心配や不安を払拭し、自信を持って子育てでき、ご自身の人生も最高に心豊かに歩いていけるよう、全力でバックアップしています。さらに詳しくはこちら。

セミナー情報