須藤 有紀の記事一覧

50歳 心豊かな人生は、ここからが本番

50歳 心豊かな人生は、ここからが本番

定年後の人生プラン、どう考えていますか?そんなこと聞かれても・・・ これまで仕事に家庭に突っ走ってきた方にとっては、定年後はもちろん、キャリアやライフをゆっくり棚卸する時間など、なかったのではないでしょうか? 50歳の社内研修でセカンドキャリアを考える機会があっても、ピンとこないのは、いた仕方ないことなのかもしれません...Read More
セミナー開催します

セミナー開催します

50歳を過ぎた頃から、会社員の方はそろそろ「定年」の二文字が頭をかすめるのではないでしょうか? 「定年後、何しようかな?」ぼんやりながらも、定年後の人生を考えてみたり。 60歳、65歳まで会社にいたとしても、100年人生といわれる今、まだまだ先は長いです。 * 私が目指すのは、いくつになってもWell-beingが叶う...Read More
次回、50歳からのセカンドステージセミナー開催します!

次回、50歳からのセカンドステージセミナー開催します!

会社員の方は、50歳を過ぎたあたりから、社内研修でも定年後について考える機会があるのではないかと思います。 ・将来受け取る年金額や資産管理について ・配偶者や家族との良好な関係について ・体調管理と健康について ・今から趣味をもつように など、どれも大変重要な項目ではありますが、さらにここを押さえておくと、定年後もより...Read More
忘れていた夢、あきらめていたこと 50歳からのセカンドステージで叶えていこう

忘れていた夢、あきらめていたこと 50歳からのセカンドステージで叶えていこう

子供の頃、なりたかった職業、憧れた仕事には、どんなものがありましたか?  昔すぎて、記憶の底から引っ張り出さないと忘れているかもしれないけれど、ヒーロー、ヒロイン、アイドル、弁護士、CA、お医者さん、ケーキ屋さん、運転手さん、幼稚園の先生…きっと、なりたかったもの、憧れた夢をたくさん持っていたはず。   * 以前、子供...Read More
セミナー開催しました!「50歳からのセカンドステージ」

セミナー開催しました!「50歳からのセカンドステージ」

ここのところブログ更新できていませんでしたが、セミナーのコンテンツ作りに籠っていました。 自分で言うのもなんですが、なかなかの出来栄え(笑)自画自賛。 そして昨日、セミナーを開催しました! タイトルは、「50歳からのセカンドステージ ~Well-beingなライフキャリアを叶える~」 セカンドステージ、第二の人生につい...Read More
アラフィフ   50歳からのパートナーシップ

アラフィフ 50歳からのパートナーシップ

初夏の公園。芝の上で駆け回る子供たち。お弁当を広げ優しく見守る両親。 日曜日の夕飯。大好きなメニューの並んだ食卓。お風呂上りの団欒。 幸せを絵に描いたような家族の光景。 パートナーシップに関するある調査では、未婚者よりも既婚者の方が幸福度は高い。しかし、子供が生まれると幸福度は低下し、それは子供が独立するまで続く、そう...Read More
Well-beingに欠かせない健康寿命、何歳をめざす?

Well-beingに欠かせない健康寿命、何歳をめざす?

おかげさまで、能登で大腿骨を骨折した母が退院しました。能登で1ヶ月。東京の病院へ転院して2ヶ月半。 88歳の大腿骨骨折は、そのまま寝たきりになって、イコール介護かと覚悟していましたが、自宅で一人暮らしができるまでに復活してくれました。 まだ能登に入院中、「お母さん、ぶっちゃけもう一人暮らしは心細いでしょう?うちに来る?...Read More
50代は定年後の人生をどう生きるかを考え準備する時期

50代は定年後の人生をどう生きるかを考え準備する時期

今の日本では、企業の定年は60歳というところが多く、その後希望者は、雇用延長制度で65歳まで、さらにそれを70歳まで延長する制度が整いつつあります。 60歳以上の方のアンケートでは、「70歳を過ぎても働き続けたい」という回答が8割なのだとか。 今の70歳はまだまだ若くて元気な方ばかり。定年以降に、たとえ収入ダウンになっ...Read More
「できない」に寄り添う気持ち

「できない」に寄り添う気持ち

この足なのに、名古屋までミスチルのライブに行ってきました!もう宿も新幹線もとってたので😅 今回は本当に席がよくて、モニター見ることなくずーっと実物を見ていられる距離だったーー♡ 飛び跳ねたり背伸びしたりはしていないけれど、 ギュウギュウの電車とかなりの歩行距離に足が悲鳴をあげて。そりゃそうだ… スタスタ...Read More
”今日”はこれからの人生で一番若い日

”今日”はこれからの人生で一番若い日

これまでの人生、悪くない。いやむしろ、世間一般で言えばいい方だし。これくらいで十分でしょ。 仕事も家庭もそこそこ上手くやってきた。悪くない。 まぁ、結構幸せ。世間一般より幸せなんじゃないの? 経済的にも決して悪くない。子供たちは中学から私立通いで、学費はかかったけれど、結構いい子に、自分なんかよりよっぽどまともに育って...Read More