December 2015 ( 2 )

Month
子供を心配してしまうのが親というもの?!

子供を心配してしまうのが親というもの?!

生まれてしばらくは、体の発達・発育を心配して、言葉が出るのが遅い、だったり、お友達と上手く関われるか、だったり、小学校になると成績やら何やら、子供がいくつになっても、その時々の心配があり、親の悩みは尽きないですね。 心配してあげられるうちが花、なのかもしれません。 子供はいつでも、親に対してこんなことを思っています。 ...Read More
幸せは、いつでも自分次第

幸せは、いつでも自分次第

こんなにも必要とされている お母さんは、子供が生まれると、その瞬間から、自分の時間が突然なくなってしまいます。 2時間おきの授乳とおむつ交換で1日が過ぎていき、昼も夜も関係ない生活が始まります。 お母さんは、常に全身の神経を赤ちゃんに向けて生活していて、寝ている赤ちゃんが「クスン」と、寝息ひとつ立てただけで目を覚ましま...Read More
子供が失敗から学べるために親がすべきこと

子供が失敗から学べるために親がすべきこと

すべてのお手本はお父さんとお母さん 前回の記事で書いたとおり、2歳を過ぎる頃になると、どんどん自己主張が強くなり、「自分で!」と言って何でも自分でやりたがるようになります。 そして、子供はお父さんお母さんを通して、ほぼすべての行動を学習します。 人との付き合い方、言葉遣い、喧嘩、欲求、不満、問題解決、姿勢、動き方、話し...Read More
子供に「自分で判断する力」をつける(選択肢を与える)

子供に「自分で判断する力」をつける(選択肢を与える)

ある幼稚園児のお話しです。 その子は、入園当初から、遊びの時間は、一人でフラフラと歩き回っている時間が多く、他の園児の遊びを遠くから見ている子がいました。 先生から遊びを提案されると、嬉しそうに楽しそうに遊びますが、先生が他の対応でその場を少し離れると、すぐについてきたり、先生の動きを目で追いながらも、引き止めようとは...Read More
「ピグマリオン効果」ってご存じですか?

「ピグマリオン効果」ってご存じですか?

「ピグマリオン効果」というものを聞いたことがありますか? ピグマリオン効果とは、1964年にアメリカの教育心理学者R.ローゼンタールによって提唱されてたもので、小学校を通して行った実験で「人間は期待された通りの成果を出す傾向がある」 と結論づけた教育心理学の理論です。 ローゼンタールは、ある小学校で「ハーバード式突発性...Read More
親の役割、見直していますか?

親の役割、見直していますか?

完全保護期の赤ちゃん 我が子が無事に生まれて、感動と安堵に包まれたのもつかの間、お母さんは寝不足との戦いが始まります。 生後3ヶ月くらいまでは、2、3時間おきの授乳とおむつ交換の日々です。 赤ちゃんは、完全に依存している状態で、大人の保護がなくては生きてはいけません。 お母さんは、赤ちゃんの生理的欲求に全力でこたえ、抱...Read More
自己肯定感を簡単にチェックできるポイント

自己肯定感を簡単にチェックできるポイント

「私って自己肯定感、高いかな?低いかな?」と、友人から聞かれることが増えてきました。 自己肯定感の高低をチェックする、一番のポイントは「負の感情になりやすいか、どうか」です。 「負の感情」とは「嫌な気持ち」ですが、例えば、「怒り」「恐れ」「失望」「 妬み」「孤独感」「 憤り」「 混乱」「 不安」「 焦り」、、、 などで...Read More
丹田呼吸法はじめました

丹田呼吸法はじめました

人材育成トレーナー佐藤政樹さんの「腹底(丹田呼吸)からの美しい声講座」に参加してまいりました。 佐藤政樹さんは、かつて劇団四季で長年主役を努めていらした方で、その他にも異例な(愉快な?)経歴の持ち主でいらっしゃいます。 現在は人材育成トレーナーとして、全国各地で講演活動などをなさっています。 佐藤さんの詳しいプロフィー...Read More
季節の移り変わりを感じていたい

季節の移り変わりを感じていたい

今日は北風が強くて寒い一日でしたね。 なんだか、12月もあっという間に過ぎてしまいそう・・ そういえば、ついこの間「ずいぶん日が暮れるのが早くなったなぁ」と秋を感じたばかりなのに、一気に冬が来たような気がします。 下の2枚の写真は、ほんの数日前に同じ位置から撮った写真です。 駅前の銀杏も、みるみる黄色く色づき、葉を落と...Read More
「しっくりくるか、こないか」 自分を大切にするトレーニング

「しっくりくるか、こないか」 自分を大切にするトレーニング

自分がしっくりくるか、こないか、 居心地がいいか、悪いか ピンときたか、そうでないか こういう、自分で感じた感覚を流してしまわずに、見逃さずに、意識していくことこそが、「自分を大切にする」という基本なのだと思います。 「ちょっと違うな」 「なんか嫌だな」 「うわ。感じ悪い~~」 と、ふとよぎったときに、 「いやいや、そ...Read More